北海道新幹線開業後は青函臨時快速を【再編掲載】

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • アメーバで共有
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • Google+
  • お知らせ(平成27年 8月28日):制作者の気が変わったので、一部改稿しました。

今月の初めに朝日新聞とか言う売国アジビラが、北海道新幹線開業後の青春18きっぷでの青函越えはほぼ不可能だろうと報じておりました。

個人的には新幹線まで18きっぷで乗せるのは青春18乞食への逆差別以外の何物でもないと思っており、従って当然の扱いだと評価しております。

  • まぁ、この新聞モドキは、以前某自称旅行会社の鹿島鉄道に関する妄言をさも正論のように載せていた奴らですからねえ。

ただ、青春18きっぷが存続するのであれば、何らかの対策を立てないと厄介な事になりそうな気がします。

その対策は唯一つ、青春18きっぷ対応の快速列車を臨時で設定する事です。

以前にも書いた記事の再編となりますが、幾つかの案を挙げておきましょう。


各案の共通事項

各案とも、以下の前提とします。


狭軌列車とする

新幹線乗り場に、青春18きっぷしか持たない者を通す事は、不正乗車などの問題を引起す恐れがあります。

このため、狭軌列車とし、青森側の客扱い駅は奥津軽いまべつではなく蟹田とします。

  • 奥津軽いまべつには狭軌の客扱いホームは設置されない見込みです。
  • 可能であれば、中小国で扱うくらいでいいのですが、無人駅で乗継と言うのはさすがにどうかと思いますので…。

北海道側は、木古内駅に在来線設備があるため、そこで客扱いすればいいでしょう。


運転区間は蟹田-木古内間とする(変更済)

蟹田も木古内も場所としては中途半端ですが、この区間でのみの折返しとします。

理由は、

この三つです。

特に三番目は、道南いさりび鉄道の状況を想定すれば必須となるでしょう。

  • 木古内駅の場合、海峡線直通列車の発着レーン(1・2番線)は江差線折返し列車発着レーン(4・5番線)とは異なるので、双方をつなぐ連絡通路上でいさりび鉄道運賃の取立を行えばよいでしょう。

昼行列車とする

青函トンネルは新幹線設備となるため、深夜帯の走行が禁じられる事になるでしょう。

このため、夜行列車の運行は想定しません。

  • 函館以北での夜行列車に関しては、ここでは議論しません。

運用については考えない

列車の運行本数や座席の扱い(指定席をどれだけ設けるかなど)については、ここでは議論しません。

そもそも、この手の問題は実際に運行される事になってから考えるべき事でしょう。


具体的な案

北海道新幹線開業後も狭軌レーンは残るのですが、

  • 架線が 2万ボルトから 2万 5千ボルトに昇圧される
  • 保安装置が変更される(ATC-L→DS-ATC)

ため、従来の在来線用車輌は全てそのままでは使えなくなってしまいます。

このため、何らかの形で車輌を用意する必要があるのです。

制作者が思い付いたのは、以下の三案です。


案 1・701系を海峡対応に改造する (平成27年 8月28日)

  • 当初この案は、『白鳥』に充当されていた485系 3000番代を対象とする案でした。

    ですが、青春18乞食に特急形は余りにも贅沢過ぎるので、701系で充分だと判断して改稿しました。

北海道新幹線開通後は、奥羽本線及び津軽線・蟹田以南の普通列車に充当されている 701系電車に対し、青函トンネルの仕様変更に対応した改造を施して臨時快速に充当します。

主変圧器を換装して複電圧対応にし、DS-ATC 車上装置を追加する訳です。

  • これらは、秋田新幹線を追われた E3系 0番代の廃車発生品を転用すればよいでしょう。

ただ、改造コストに見合うだけの利益があるかが問題です。

  • ちなみに、日本貨物鉄道では北海道新幹線開業後の青函トンネルに対応した EH800 形電気機関車を開発しましたが、整備新幹線の影響を受けての案件のため、国から補助金を受けて開発・生産したとの事です。まさか"18乞食専用車輌"に補助金は出さないですよねえ…。

案 2・日本貨物鉄道に客レを運行委託する

新幹線開業後、青函トンネルを通れる自走可能な狭軌車輌は日本貨物鉄道が新造している EH800 形電気機関車しかありません。

北海道旅客鉄道は寝台特急等に EH800 形を購入する意志はない事を既に表明しておりますが、その一方で日本貨物鉄道への客車列車運行委託に含みを残しておりました。

つまり、臨時快速を日本貨物鉄道委託で運行すると言う訳です。

この方法固有の問題点は、客車が足りないであろう事です。

既に東日本側も北海道側も、普通列車用の客車は企画列車用のものを除いて殆ど残っていません。

『海峡』に充当されていた 50系客車は、『海峡』廃止後すぐに大半が廃車されました。

ただ『はまなす』に充当されている 14系客車はありますので、それを転用するか、そうでなければ『北斗星』廃止で余る 24系寝台車を座席代わりに使うと言う手も考えられます。

また、EH800 形が空いているかと言う問題もあります。

  • 貨物列車の運行で使える機関車が残っていないと運転出来ませんね。

最後に、他社に委託する以上、当然ながら対価を払う必要があります

ただでさえ売上が少ない列車で運行会社に対価を払っていたら、それこそ大赤字になってしまう恐れは否定出来ません。

これらの問題が解決出来れば、この方法こそが最も低コストな方策でしょう。

  • 北海道旅客鉄道が日本貨物鉄道への運行委託に含みを残したのは、寝台特急の運行継続を想定してのもので、普通列車のためではなかったでしょうけどね。

参考案・E3系 0番代を狭軌改造する (非推奨)

  • お知らせ(平成27年 8月28日):正直青春18乞食ごときには贅沢過ぎるのではないかと思わるため、この案は取下げても良いのですが、一応参考までに残しております。

秋田新幹線が E6系に置換わった影響で、E3系 0番代はその去就が問題になっております。

一部はジョイフルトレイン『とれいゆつばさ』(700番代)に改造されるなどして生き存えていますが、遅かれ早かれ E3系 0番代は絶滅する事でしょう。

ただ、まだ車輌は残っているので、それに 485系などの廃車発生品となった台車に履き替える事で、北海道新幹線開業後の青函トンネルにも対応した在来線車輌が充当出来ます。

  • E3 系はもともとミニ新幹線専用なので、複電圧車で新幹線の保安装置も装備済みです。従って台車だけ狭軌のものに換装すれば狭軌レーンを走れる筈です。

0 番代はグリーン車を含めた六輌編成ですが、普通車は五輌もあれば充分でしょう。

  • グリーン車が中間車だったら編成から外しても良いのですが、先頭車なのでグリーン料金免除の指定席にすれば良いでしょう。どーせ E3系 0番代のグリーン車なんて、普通車に毛が生えた程度の代物ですし。

ただ、台車の履替え一つ取ってもコストが掛かると言う問題があります。

このため、後になって追加された E328形(14号車)は抜取って五輌編成に短縮してもよいでしょう。


三案共通の問題点

さて、青春18きっぷ対応の臨時快速列車の設定案を挙げてみましたが、いずれにも共通の問題点があります。


ダイヤが組めるのか

一日三十往復以上とも言われる貨物列車と、毎時二往復以上設定されるであろう新幹線の間を縫って、臨時快速列車のスジは引けるのか?と言う問題があります。

ただでさえ、貨物列車と新幹線列車の混在が問題になっているところに、新たな問題を押し込めるものでしょうか。


何往復設定すれば良いのか

函館から夜行快速が接続するのであれば、早朝の上りと深夜の下りの一往復で充分でしょう。

ただ、そもそも函館本線に夜行普通列車が設定されるのか、設定されないとしたらどうするのかと言う問題もあります。


採算が取れるのか?

青春18きっぷの売上分配を考慮すると、この列車の収益は旅客一人当り数百円にしかならない筈です。

そのような列車をカネを掛けて運行すべきなのでしょうか。

  • 少しでも収益を上げるため、全席指定にするとのも考えられますが、そうすると"ネットダフ屋"や"二席厨"などが指定席を買占めるだけで逆効果になり兼ねません。

国を説得出来るか

北海道新幹線は整備新幹線である以上、在来線列車が全廃される事を想定して収支改善を試算している筈です。

そんな中に新幹線から旅客逸走の恐れがある列車を新たに加える事に、国は納得してくれるでしょうか。

  • 北海道旅客鉄道の大株主は国である事を忘れてはいけません。

道南いさりび鉄道は? (平成27年 8月 7日 追記)

最後に一番の問題点は、道南いさりび鉄道への通過特例はあり得ない事です。

江差線の非電化区間が存続していれば通過特例の可能性が残ったのですが、新幹線開通を待たずに廃止されてしまい、もはや通過特例の根拠が消えてしまいました。

この区間については、別払いは避けられないでしょう。

また、道南いさりび鉄道は木古内駅・五稜郭駅を含む全駅に駅員を配置しない事としており、従って海峡線から列車が来ると、運賃の確実な徴収のために新たに人員配置のコストを発生させてしまう事になるでしょう。

この事から、道南いさりび鉄道がこの列車の運行に難色を示す可能性もあります


まとめ (平成27年 8月28日 改訂)

初めに書いた通り、制作者は北海道新幹線を運賃だけで乗車出来るようにする事には反対しております。

何度でも書きますが、新幹線まで乗せてしまうのは青春18乞食どもへの逆差別以外の何物でもないと思っているからです。

  • 不公正な"青春18特権"は許しません!

それでも、青春18きっぷが残されるとしたら、何らかの対策が必要になると思います。

ですので、上記のいずれかを実現するようにすれば良いと思っております。

もはや、青春18きっぷだけで北海道新幹線に乗せろとほざくよりは、青春18きっぷで乗れる臨時列車を設定しろと言う方が現実的な落とし所だと思うのです。

個人的には 701系の改造を推しているのですが、日本貨物鉄道への客レ運行委託が最も安上がりでしょうね。

関連記事
スポンサーサイト