もし中央新幹線が長野県を回避する事になったとしたら…?

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • アメーバで共有
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • Google+

前回、新幹線を巡るエゴをまとめてみました。

その中で、中央新幹線を巡る主張がありました。

今回は、その事について妄想してみました。


中央新幹線の三つのルート案

中央新幹線には、三つのルート候補が挙げられておりました。


中央新幹線のルート候補の画像
  • Aルート:松本方面に北上したあと、駒ヶ根辺りを経由して岐阜県に入るルート
  • Bルート:松本方面に北上したあと、飯田に南下してから岐阜県に入るルート
  • Cルート:甲府から名古屋へほぼ一直線に向かうルート。この場合、長野県は飯田を通る
  • Aルートや Bルートのような一見不自然に見える経路が提案されたのは、静岡市北部の山地をトンネルでぶち抜くのが困難と思われていた事に拠ります。

加えて、東海旅客鉄道は「中央新幹線の駅は一県一駅」と言う方針を示しました。

長野県は、平成元年以来長らく Bルートを主張しておりました。

加えて、長野県には複数の駅を設置するよう求めてもおりました。

しかし、その後の調査で、静岡市北部の山地を通す事は可能であると判断され、この結果最短経路となる Cルートを最終候補としました。

それでも、長野県は執拗に Bルートでの整備を要求しておりましたが、情勢が段々不利になって行くのに気付いたのか、結局 Cルート案を受け容れる事となりました。

何しろ、余りにもしつこく長野県がゴネ続けるのであれば、長野県を迂回する経路を検討すると言うところまで至ったのだそうです。


長野回避ルートはどうなっていた?

では、実際に長野回避ルートが検討された場合、どのような経路となるでしょうか。


中央新幹線長野回避ルートの画像

まっすぐ通すか北廻りにすると、どうしても長野県を通らざるを得ないため、南廻りと言う事になるでしょう。

そうなると、必然的に静岡県を通る事となります。


静岡県内の駅は何処に作る?

中央新幹線に長野回避ルートが採択されたとしたら、当然静岡県に一駅作る必要があるでしょう。

何しろ、静岡県とは『のぞみ』を巡っての確執がありますから、下手な対応をしてしまうとプロジェクトの妨げになり兼ねません。


静岡市内には設置出来ない?

ただ、静岡市内は確かに通るとは言え、山の中になってしまいます。

  • 静岡市は、昭和44年(西暦1969年)に旧安倍郡六村を吸収した結果、県北端から太平洋にまで達する程の大面積になってしまいました。勿論、平成の大合併までは福島県いわき市に次いで二番目に大きな市でした。

そんなところに駅を作っても誰も利用しないでしょう。

  • 何しろ、市中心地までクルマでも二十分以上は掛かるでしょうし、幾らガソリン税財源があっても連絡道路の整備など無理でしょうから。

と言う訳で、静岡市内駅は諦めるしかないでしょう。


新駅は浜松市内に設置か

では、静岡県第二の都市・浜松はどうでしょうか。

流石に浜松市中心地には通せませんが、それでも、地図をよく見れば浜北区二俣を通す事は可能です。

そこで、ここに静岡県駅を設置します。

既に天竜浜名湖鉄道天浜線(旧二俣線)も通っておりますし、もう少し南に設置出来れば遠州鉄道とも接続出来るでしょう。

そうすれば、浜松市市街地へのアクセスも格段に向上する事になる筈です。

遠州鉄道も、浜松-新浜松二俣(西鹿島駅を改め)間ノンストップの特急『リニアライナー』を設定してアクセスに役立たせれば良いでしょう。

  • 遠鉄は浜松駅を新浜松駅としておりますが、これを機に遠鉄浜松駅に改称します。

さいごに

書いていて思ったのですが、もう少し長野県にはゴネて欲しかったような気がしますw

まぁ、誰とは言いませんが、何でもかんでも反対反対言うだけで何も出来ずに旧山口村の隣県への分離編入を許してしまった知事が現役だったら面白かったのですけどねえ…。

関連記事
スポンサーサイト