東日本管内に"新快速"がない理由

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • アメーバで共有
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • Google+

新快速と言えば、京阪神で運行開始され、その後中京圏にも採用された列車種別です。

特に西日本旅客鉄道で運行される新快速は、今では普通列車でありながら西日本の看板列車であるかのように言われております。

そして、主に京阪神で新快速を体験した関東人は、しばしば東日本管内への新快速導入を求めます。


一度あった新快速導入の機会

実際、平成 9年に北陸新幹線が長野暫定開業した際、新快速導入のいい機会とされておりました。

北陸新幹線が開業すれば、上野と長野をほぼ毎時一本のペースで結んでいたエル特急『あさま』が廃止されるため、『あさま』の代わりに高崎線に新快速列車を運転しようと言う声が上がったのです。

結果は言うまでもなく、新幹線を利用すべき乗客が逸走する恐れがあるため不可となりました。

  • 最も、在来特急時代の『あさま』は最高速度が120キロ毎時なので、新快速と言うには見劣りがしますが…。

首都圏に新快速は有用なのか?

ところで、東日本管内に新快速は本当に有用でしょうか。


過度な競争を強いられる京阪神と中京圏

京阪神の場合、首都圏ほどパイは大きくはなく、その上競合が多いため、過度な競争を強いられます:

  • JR 京都線と京阪本線と阪急京都本線
  • JR 神戸線と阪神電気鉄道本線・山陽電鉄と阪急神戸本線
  • JR 宝塚線と阪急宝塚線
  • 阪和線と南海本線
  • JR 奈良線と近鉄京都線
  • 大和路線と近鉄奈良線

新快速が設定されていない線区であっても、快速列車を主軸にダイヤを編成する───大都市圏の民鉄では常識ですが───事で並行民鉄と互角かそれ以上に戦えます。

この事情は中京圏でも同じでしょう:

  • 東海道本線と名鉄名古屋本線
  • 関西本線・伊勢鉄道伊勢線・参宮線と近鉄名古屋・大阪線

九州でも、新快速の名は使ってはいませんが、やはり鹿児島本線の快速列車は西日本鉄道天神大牟田線の特急を意識しているように見えます。


競争原理が働かない首都圏

一方、首都圏にも JR と民鉄の競合区間は確かにありますが、パイが非常に大きいため一部を除いて過度な競争に至ってはおりません。

或いは歴史的な理由などから強弱が明確で、それを逆転させるのが困難或いはこれ以上の強化は不要と言うのもあります。

  • 埼京・川越線と東武東上本線
  • 東海道本線と小田急小田原線
  • 横須賀線と京急本線
  • 中央線と京王線
  • 総武本線と京成本線
  • 常磐線とつくばエクスプレス

常磐線とつくばエクスプレスを除き、東日本旅客鉄道はそれ程競合に力を入れているようには見えません。

やはり、現状以上に競合からシェアを奪おうとすると、今度は輸送能力を越えてしまう恐れがあるのでしょう。

下手をしたら"酷電"に逆戻りになり兼ねません。

こうした事から、首都圏に於いては競争原理が作用し難い状況になっていると言えます。

  • 本来、首都圏のようなパイが大きな場所こそ、競争原理は有効だと思われるのですがねえ…。

    逆に過疎化が進む地方に競争原理を導入したら、共倒れになり却って地域衰退を招く事になるでしょう。

そうなると、特にそれ程利益が増える訳でもない新快速列車は、東日本にとっては無用なのかも知れません。

代わりに、附加サーヴィスに対価を求める戦略───グリーフ車もといグリーン車や特別急行列車の拡充───の方が有用と言う事になるのでしょう。

勿論、これを西日本や東海がやったら、間違いなく利用者からはそっぽを向かれ、結果民営化前のジリ貧状態に逆戻りするのは必定でしょう。


結論

結局のところ、各エリアの事情こそが新快速を設定するかしないかに関わるのです。

東日本管内に新快速を設定しないのは、

  • 大した増収にはならない
  • これ以上客単価が安い利用者が増えても却って困る

と言う事情があるからこそ、特別料金が取れない新快速は設定されず、一方東海管内や西日本管内では

  • 輸送力に充分余裕がある
  • 少しでも競合からシェアを奪いたい

と言う事情があるからこそ新快速を設定しているのです。


蛇足 1:"新快速"は"特別快速"の関西弁!?

西日本管内の電光掲示板での新快速の英語案内は"Special Rapid"と表示されます。

これは"特別快速"の英訳であり、実際東日本管内でもしばしばこの表現が使われます。

もともと、新快速設定当初の国鉄時代末期、京阪神エリアは東京ほどの決定権が与えられず、そう言った鬱憤から来る対抗意識から敢えて"特別快速"の名を避けて"新快速"と命名したと言われております。

その意味では、"新快速"は関西弁の一つなのかも知れません。


蛇足 2:整備新幹線より整備新快速?な滋賀県と福井県

かつて、東海道新幹線南びわ湖駅構想が上がった際、当該駅が設置される予定だった滋賀県栗東市では住民の中から「新幹線なんかより新快速を誘致して欲しい」と言う声が上がったそうです。

  • 事実、新快速の運行に依り、琵琶湖線沿線の人口が激増し地価も暴騰したそうです。

また、福井県は新快速が既に敦賀まで延伸しておりますが、更に福井までの延伸を求める声もあるそうです。

その上で、北陸新幹線より便利な新快速と言う声まで上がっているとの事です。

ここまで来るともはや整備新幹線ならぬ"整備新快速"と言う感じがします。

関連記事
スポンサーサイト