山陽新幹線の四国直通構想を考える

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • アメーバで共有
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • Google+

平成28年の北海道新幹線の暫定開通で、旅客鉄道六社で唯一新幹線と無縁になってしまう四国旅客鉄道。

四国には有力な政治家がいなゲフンゲフン、九州や北海道など有力な路線から整備しているため、四国は取残されてしまっております。

一方、赤字体質だった九州旅客鉄道が九州新幹線一本で黒字化し、上場まで視野に入っている事から、新幹線が旅客鉄道会社の切り札になっているのは間違いないでしょう。(※ 1)(※ 2)

しかし、四国には新幹線整備計画がありません。

均衡な国土の形成云々を言うなら、四国にも新幹線整備計画がないのはおかしい筈です。


四国新幹線の整備新幹線格上げは無理

基本計画には四国新幹線と四国横断新幹線の二本が挙げられておりますが、前者は明石海峡大橋が新幹線に対応しておらず(※ 3)、後者にしても経路を考えたら整備計画に格上げされる可能性は極めて低いでしょう。


四国浮上の切り札・新在直通特急

そこで、期待されているのが山陽新幹線からの新在直通特急。

これなら、フル規格新幹線よりも遙かに低予算で新幹線効果を享受出来ます。


初めに検討されたミニ新幹線化案

初めは瀬戸大橋のミニ新幹線化が検討されました。

ですが、直流対応の新幹線電車用パンタグラフが未開発のため、交流電化にしなければならず、その結果普通列車に高価な交流式電車を投入しなければならない事で、断念しております。


期待の星・軌間可変電車

そんな状況で福音となるのが軌間可変電車。

軌間可変電車なら、改軌無しで乗入れられるので、ミニ新幹線よりも低コストとなります。

ただ、問題も多々あります。


問題点 1・開発の遅れ

まず、軌間可変電車の開発が進んでいないのが問題です。

西日本旅客鉄道は、北陸新幹線の金沢延伸を機に、漸く重い腰を上げて軌間可変電車の開発に取掛かりました。

しかし、まだ試作車さえ作っておらず、完成までどれだけかかるのかと言う問題があります。

それなら、当事者である四国旅客鉄道が開発すればいいじゃないと言いたいところですが、新幹線電車を作った事もない会社にそんな開発が出来るでしょうか?

瀬戸大橋線ミニ新幹線化計画では、交流電化になるのが問題視されましたが、軌間可変電車だってその問題は変わりません。


問題点 2・山陽新幹線に乗入可能か?

もう一つ、西日本旅客鉄道が山陽新幹線への軌間可変電車の乗入に消極的である事が問題になります。

長崎新幹線では軌間可変電車を活用する計画ですが、山陽新幹線への乗入を拒絶された場合、博多での対面乗継にするしかありません。

それでは、新幹線の魅力・能力が半減してしまいます。

しかし、整備新幹線の最高速度である260キロ毎時しか出せなければ、山陽新幹線のダイヤ編成に支障を与える事になり兼ねません。

西日本旅客鉄道も、軌間可変電車は北陸新幹線にのみ投入するつもりのようです。


結局、ミニ新幹線化の方が早いのでは?

結局のところ、四国に一刻も早く新在直通列車をと言うのなら、ミニ新幹線化の方が現実的な気がします。

ミニ新幹線なら既に新幹線区間で320キロ毎時での走行が実現しており、しかも軌間可変電車に較べて軽量なので、西日本旅客鉄道も何の不満もないでしょう。


"高松新幹線"の具体的な整備方法

瀬戸大橋線はほぼ全線が複線なので、片側は狭軌直流電化のままとし、もう片方のみを標準軌交流電化とした単線並列にすれば、普通列車の車輌や貨物列車の機関車の問題は生じなくなります。

  • 単線区間の岡山-早島間は山陽新幹線からの分岐線を別に作り、久々原-茶屋町間も同様に専用線を別に引けば良いでしょう。

予讃線も、(讃)高松-多度津間がh複線なので、(讃)高松-坂出間を同様に単線並列にすればいいのです。

普通列車の輸送力が半減すると言うなら、標準軌レーンは三線軌とし、普通列車は気動車に置き換えればいいだけの話しです。

貨物列車は一日四往復とそれ程多い訳でもないので、単線になっても問題になる事はまずないでしょう。


"高松新幹線"の運用

こうして実現する"高松新幹線"の車輌は、現在唯一ミニ新幹線を運営している東日本旅客鉄道から技術供与を受け、W8系/S8系として開発します。

運用上の理想は松山直通ですが、さすがに単線交流電化は難しいので、松山方面については当面坂出で『いしづち』に対面乗継にすれば良いでしょう。

同様に坂出で『しまんと』にも接続させれば、高知にも波及させる事が可能になります。

つまり、坂出を(讃)高松に代わる四国のハブにする訳です。(※ 4)(※ 5)

尚、"高松新幹線"が開通したら、『サンライズ瀬戸』は恐らく不要になるでしょうから廃止してもよいでしょう。

そして、新在直通列車が『サンライズ瀬戸』の名前を襲名して『せと』とする訳です。

中央新幹線の開業より前なら、『のぞみ』と新大阪乗継にするしか無いでしょうが、中央新幹線が開通すれば東海道新幹線は閑散化するのは必至なので、東京への乗入も可能になるかも知れません。

そうなれば『せと』『みずほ』の二階建て列車を東京まで乗入れる事も考えられます?


脚注

  • 1. もっとも、九州の場合、新幹線が及ばない箇所にまで観光列車や連絡特急・連絡バスなどを設定し、九州全体を盛上げようとしてきたのも大きかったと思います。
  • 2. それ故、北海道旅客鉄道についても、北海道新幹線で黒字体質化したら東日本と合併させようと言う動きがあるようです。
  • 3. 更に四国新幹線の計画の一部となっている豊予海峡トンネルは完全に可能性が失われております。
  • 4. かつて行われていた『サンライズ瀬戸』の松山延長運転が立消えになっていったのは、坂出で『いしづち』などに乗換えた方が早く松山に着くのが明らかだったからでしょう。
  • 5. もう一つ、『ア○パン○ン』列車ばかりなのは勘弁して下さい。『○ンパ○マン』を使わない観光特急も是非導入してください。かつての『I LOVE しまんと』みたいなのでもいいですから。
関連記事
スポンサーサイト