青春18きっぷは自動改札対応にすべきか出来るのか?

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • アメーバで共有
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • Google+

ごく僅かではありますが、青春18きっぷを自動改札対応にすべきだと言う声があるようです。


青春18きっぷを自動改札にして欲しい理由?とそれらの問題点


五枚綴り形式に戻してもらいたいから?

かなり決め付けるような書き方になってしまいますが、青春18きっぷの自動改札対応化を求める真意は、やはり通常の回数券形式に戻してもらいたいからでしょう。

今でこそ青春18きっぷは一枚の券片で五回使う形ですが、平成 7年度までは通常の回数券同様五枚綴りの回数券として発売されておりました。

このため、大学生協内の代理店などでは学生の便宜を考慮して一枚単位での販売が黙認されておりました。(※ 1)

しかし、金券ショップなどでもそのようなイリーガルな販売方法が横行するようになって、ついに平成 8年度からは現在の一枚を五回使う方式に変更されてしまいました。(※ 2)

自動改札対応にすると定期券サイズになるため、五回分の日付印押捺欄が確保出来なくなり、結果五枚綴りに戻さざるを得なくなると言うのが狙いなのでしょう。

ただ、五枚綴りで販売していた時の弊害が深刻過ぎたからこそ、一枚券で販売するようになった訳ですから、そのような形にするような自動改札対応は絶対にしないでしょうねえ。


販売価格を下げられるから?

もう一つ考えられる理由として、販売価格が下げられると言うのがあります。

現在の青春18きっぷは、初めから売上を六社で山分けする事を前提とした価格設定になっております。

従って、利用者は全く利用しない会社に対してもお金を払わされている事になります。

自動改札対応にすれば、利用者の行動範囲をトレースする事が容易になり、その結果発券地方毎にどの地方への利用が多いかがビッグデータとして得られるようになります。

これに依り、各社への配分すべき比率がより正確になり、結果として払い過ぎを減らせるようになる…と言う訳です。

ただ、この考えにも問題があります。

そもそも、青春18きっぷが存続している最大の理由は、利用の有無に関わらず一定の分配金を各旅客鉄道会社が得られるからであり、それを否定するようなシステムにしてしまうと、青春18きっぷから離脱する旅客鉄道会社が現れないとも限りません。

或いは、これまで得ていた分配金に見合わない利用状況である事が明らかになれば、当然分配金の増額を求める会社も現れる筈で、その結果逆に値上げにならないとも限りません。

いずれにしても、自動改札対応にしてビッグデータを取得する行為は、下手したらパンドラの箱を開けてしまい兼ねない、と言う訳です。


青春18きっぷ自動改札対応へのその他の問題点

さて、青春18きっぷを自動改札対応にする際の問題点は他にもまだまだあります。

自動改札非対応の駅が余りにも多い事

各地にある無人駅は勿論ですが、有人駅でも磁気券の自動改札に対応していない駅は地方には幾らでもあります。

つまり、そう言う駅にとっては意味が無いのです。

特に近年では IC カードへの移行が進んでおり、今後は自動改札化が進んだとしても、磁気券非対応の自動改札機が主流になって行くでしょう。

在来線の自動改札機には日付押捺機能がない事

新幹線の自動改札機には、乗車券に乗車日を印字する機能がありますが、在来線の自動改札機にはそのような機能はありません。

このため、日付のない自動改札済みの券片を後日不正使用する恐れが生じます。

また、自動改札は押捺された日付印を調べられないので、逆に前日までに有人改札のみを通った券片を自動改札で不正利用すると言う事も出来てしまうでしょう。

これを未然に防ぐには、発券時に利用日を指定して券片に日付を印字する事くらいですが、そうすると18きっぷの利便性を大きく損ねてしまうでしょう。

  • 下手したら一枚綴り化以上の使い難さになる筈です。

もしかしたら、青春18きっぷの自動改札対応化を頑なに行わないのは、これが本当の理由かも知れません。

以上の事を考えると、青春18きっぷだけは、ともすれば永遠に手動で取扱わなければならないものなのかも知れません。


青春18きっぷの IC カード化はどうだろう

書いていて思ったのですが、それでは IC カードに青春18きっぷの電子情報を記憶させるのはどうでしょうか。

スイカやイコカなどで予め五回分を購入し、使用の際にカード対応券売機で使用手続きを行い(権利を使い切るまでの間も通常の乗車券として使用出来るようにするため)、IC カード対応駅でのみ乗降可能とする代わりに一回分の権利を安くします。

ただ、これも現時点では非現実的ですね。

  • カードのメモリ容量が余り多くはない事
  • IC カードが使えないエリアがまだまだ多い事(特に四国では高松周辺以外では一切使えない!)
  • 各地に点在する利用エリアを跨いでの利用が許されていない事
  • ワンマンカーでの IC カード扱いがまだ殆ど対応出来ていない事
  • IC カード乗車券は特急料金だけで在来特急に乗れるが、青春18きっぷでは乗れない事(電子版18きっぷに限りルールを変えるか?)

それに、18きっぷごときのために、システムを大きく変えるのは如何なものでしょうか。

それでも、個人的には首都圏スイカ利用エリアで『休日おでかけパス』の電子版を割引価格で出したらいいのにと思ったりしますが、まだスイカ定期券以外では新幹線の乗車が出来ないので、これも難しいでしょうねえ。

関連記事
スポンサーサイト