倒産したスカイマークはどうなる?

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • アメーバで共有
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • Google+

先月末に、スカイマークがとうとう民事再生法を申請して事実上倒産しました。

この一件に関し、マスゴミは何故か「倒産」と言う言葉を使わないようですが、国土交通省の失政の結果だからでしょうか。

  • 官僚は失政を絶対に認めようとしませんからねぇ…。

負債額は700億円以上となっており、倒産の引き金となったであろうエアバス社への違約金も含まれております。

  • エアバス社への違約金は含まれていないそうです。

早速支援会社のもと、大幅なリストラクチャが行われるようで、昨年の成田撤退に続いて大幅な減便が予定されております。


デルタは出るか?

かつて、倒産寸前だった日本航空の救済にデルタ航空が名乗り出て、従来より提携していたアメリカン航空と熾烈な交渉合戦が繰り広げられました。

その時はご承知の通り日航の倒産後、新経営陣が鞍替えはコストが掛かり過ぎると判断して結果アメリカン航空が提携を維持した訳ですが、今回はデルタ航空は名乗り出るでしょうか。

恐らく無理かと思われます。

国内線しかない、サーヴィスがレガシィキャリア水準より大きく劣る、マイレージもやっていない、成田から撤退してしまった…これでは、仮令出資したとしても零から再構築しないと使い物にならないでしょう。

個人的には、デルタが支援すれば少しは良くなると思うのですがね…。

サーヴィスを改善し、スカイマイルに加盟させ(但し「1マイル○円」にはしないw)、スカイチームでも当面デルタ航空の協賛メンバとしてコリアンエアーや中華系三社などと協調させる訳です。

国内線しか無くても、スカイチーム各社との提携で東アジアのネットワークを補えるでしょう。

ただ、それをやるとしたら何百億円掛かるかですが。


エアアジアはなさそう

ここ数年東京スポーツ並に飛ばし記事が目につく日本経済新聞ですが(寧ろ東スポの方が飛ばしが減っているような…w)、昨年の夏にもスカイマークをエアアジアが買収すると飛ばしてきました。

では、スカイマークが倒産した今、エアアジアは動くでしょうか?

これはデルタ以上にあり得ないと思います。

何しろ新エアアジア・ジャパンの大株主である楽天は、スカイマークとの交渉を打切ってエアアジア・ジャパンに参画しているのですから。

  • 新エアアジア・ジャパンの楽天の出資比率は18%と低いのですが、日本の航空法に依りもっと高い議決権率を持っている筈です。

やはり大手に飲まれるか?

日本航空や全日本空輸に飲込まれる可能性はどうでしょう。

これもかなり低いと思います。

確かに、スカイマークが持つ東京国際空港の発着権は両社とも喉から手が出る程欲しいのでしょうが、国土交通省は昨年の夏に「経営主体が代ったら発着権は回収する」と明言しております。

羽田の発着権がないスカイマークなんて、不良資産以外の何物でもないでしょう。

それでも、北海道国際航空(現・AIRDO)のように、経営主体が代わったと見なされない程度に出資して事実上のローカル担当に専念させる可能性はあるでしょう。

いや、正直、会社清算以外の可能性としては、これが一番高いでしょう。

  • 寧ろ問題なのは、あれだけ不祥事を起こしていながらてめえらの面子にこだわってスカ(略)を野放しにしてきた国交省の存在ではないかと。

会社更生後の日本航空が置かれている状況を考えれば、やはり全日本空輸が AIRDO と同様の形で支配するのでしょうねえ。

その場合、茨城からは撤退させ、米子鬼太郎線辺りでコードシェアする代わりに自社便を減らして羽田発着権を別路線に廻す…というのがありそうです。

  • まぁ、遅かれ早かれ東京-富山線の発着権がゲフンゲフン
関連記事
スポンサーサイト