青春18きっぷの行方 ~北陸新幹線金沢延伸後~

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • アメーバで共有
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • Google+

北陸新幹線の金沢延伸まで、既に半年を切りました。

中には、「青春18きっぷはどうなる?」と言う方も多いかも知れません。


初めに言っておきたい事

初めに断っておきますが、JR は青春18きっぷのために存在しているのではありません

先ずは、この辺りを考える必要があるでしょう。

また、整備新幹線計画に於いては、青春18きっぷについての議論は全くされていません。

沿線住民が撰んだ県知事, 県議会議員や国会議員で、「青春18きっぷはどうする?」などと発言したと言うのは制作者は一度も聞いた事がありません。

  • 自称旅行会社社長が北海道新幹線の沿線の町議会議員に立候補してそれをやるつもりだったらしいですが…残念でしたねw おまけにこんな妄言まで垂れ流して…寝言は寝て言えw

青春18きっぷは廃止されないでしょう

先ず、青春18きっぷはどうなるかですが、廃止はないと思います。

そもそも、青春18きっぷは、夏休みなどで通学利用が激減する時期に普通列車に乗ってもらおうと言う趣旨で考案されたと聞きます。

全国の学校が夏休みなど長期休暇期間を廃止したり、JR 各社が休校日ダイヤを設定するなどするなら話は別ですが、前者は絶対無いでしょうし、後者もなかなか難しいようです。

  • バスなんかだと休校日ダイヤがありますけどね。

ただ、あくまでも普通列車に限り乗せてやっていると言う程度に取るべきものでしょう。

大体、正規運賃と比べてはるかに安い切符のために、わざわざ旅客鉄道会社各社は例えば静岡県の東海道線にクロスシート車の快速を運転させたり、山陽本線に夜行快速列車を設定する義務は全くないのです。


信越・北陸両本線の並行区間はどうなる?

制作者は JR 関係者ではないので、どうなるかは分かりません。

確かに、東北新幹線の新青森延伸後は、青い森鉄道に限り条件付きで青春18きっぷでの特例乗車が認められました。

でも、それはあくまでも東日本旅客鉄道の判断と青い森鉄道の同意に依るもので、

  • しなの鉄道
  • えちごトキめき鉄道
  • あいの風とやま鉄道
  • 及び IR いしかわ鉄道

の各社が追従しなければならないものではありません。

特にえちごトキめき鉄道はただでさえ経営環境が厳しい上に運賃据置としたのですから、とても青春18きっぷのためのヴォランティアなど出来ないでしょう。

唯一、可能性がありそう( 1%にも遠く及びませんが)なのは IR いしかわ鉄道の津幡-金沢間くらいでしょうか。

JR 七尾線と北陸本線金沢以西間の連絡乗車に限り認められるかも知れません。

ただ、それでさえ実現出来れば御の字と言う程度でしょう。

…と思ったのですが、IR いしかわ鉄道のほぼ全線になるので、やはり無理かと思われます。


北陸へのルートはどうする?

身も蓋もない意見ですが、そもそも青春18きっぷは長距離移動のための切符ではありません

ですから、関東-北陸間などと言うような長距離移動が出来なくなっても何の問題もありません。

況してや長距離移動が出来なくなったからって詐欺呼ばわりなど言語道断の言い掛かりです。

だいたい、北陸新幹線が延伸して信越・北陸両本線が経営分離されたとしても、完全に関東-北陸間の経路が潰える訳ではありません。

金沢へは東海道線で米原、米原から敦賀方向へ乗り継いで行けば、何とかなります。

富山も、岐阜から高山本線を乗り継げば、不可能ではありません。

いずれにしても『ムーンライトえちご』亡き今、北陸新幹線延伸後は更に『ムーンライトながら』の重要性が高まる事だけは間違いないでしょう。


ところで、某自称旅行会社社長は、青春18きっぷのために夜行列車を運転しろなどと妄言を並べているのですが、何故か北陸新幹線暫定開業の頃、整備新幹線計画については余り口にしませんでした。

制作者など「整備新幹線が整備されたら、並行在来線が消えて青春18きっぷで乗れなくなるぞ」と言っていたのですがねえ。

関連記事
スポンサーサイト