長崎新幹線は全線フル規格の方が合理的?

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • アメーバで共有
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • Google+

過日、フリーゲージトレインに依る九州新幹線の宮崎直通について検討をしました。

その中で、直通区間の高速化が必要だと結論しました。

フリーゲージトレイン直通候補となっている線区は得てして低規格で、このため直通の際には在来線区間の抜本的な高速化が前提となります。

さて、長崎新幹線についてです。

現在の計画では、佐賀県内はフリーゲージトレインを用いて在来線を活用する事になっておりますが、佐賀県側は「やっぱフル規格で」と言い出していると言われております。

この主張にはいろいろ意見があるかも知れませんが、長崎新幹線を実現するのであれば合理的な主張だと思います。

何故なら、佐賀県内の在来線にも大幅な改良工事が必要とされているからです。

この事業もフル規格新線建設には及ばないものの相当な事業費が必要となり、後刻フル規格への移行を前提としているのなら明らかに二重投資になってしまいます。

勿論、対象区間は経営分離を予定しておらず、在来線の高速化は新幹線と無関係に役に立つと反論されるかも知れませんが、それなら長崎新幹線とセットで導入する事はなかった筈です。

こう考えると、全線フル規格化の方が合理的だと思えるのです。

勿論、佐賀県がフル規格整備の事業費を部分的にとは言え工面出来るかでしょうけど。

関連記事
スポンサーサイト