このままだと"撮り鉄"は排除されてしまう

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有

制作者は、以前から「"撮り鉄"は撮影のためなら殺人すら犯し兼ねない」と思っておりました。

このままだと"撮り鉄"は鉄道業界から排除されてしまうのではないでしょうか。

  • 免責事項:制作者は決して全ての"撮り鉄"を批判しているのではありません。

    撮影のために法律や他者の権利を踏み躙る行為を平然と行う悪質な"不良撮り鉄"を非難しているのです。


"不良撮り鉄"に依る殺人未遂事件発生!

制作者は以前から「"撮り鉄"は撮影のためなら人殺しさえし兼ねない」と思っておりました。

そして、遂にと言うか地元埼玉県で"不良撮り鉄"に依る殺人未遂事件が実際に起こったのです。

令和 3年 4月25日、埼玉県川口市は京浜東北線・西川口駅ホームで"不良撮り鉄"が他の中学生"撮り鉄"に暴行を働き、頭蓋骨骨折と言う重傷を負わせました。

犯人は電車で逃亡したとの事で、この記事を書いている27日現在、犯人検挙の報はありません。

追記(令和 3年 4月28日) 27日中に十九歳の会社員が検挙されたそうです。


過去にもあった殺人未遂事件

実は過去にも"不良撮り鉄"に依る殺人未遂事件は起こっております。

平成26年 5月11日、漫画家の松山せいじさんは廃止される江差線・江差駅ホームで"不良撮り鉄"に携帯電話を壊された挙げ句線路下に突き落とされると言う被害を受けました。

本人がツイッターで犯人の写真を拡散させましたが、犯人は捕まらなかったようです。


批難されて当然な"不良撮り鉄"の悪行

"不良撮り鉄"の行為は何年も前から批難の対象になっており、昨今ではメディアでも採り上げられる事も少なくなくなりました。

それらの悪行を見ているうちに、制作者は「"撮り鉄"は撮影のためなら人殺しすら平気でやり兼ねない」と本気で思うようになりました。


田畑を荒らし、木の枝を勝手に切り…

撮影のために田畑に勝手に入って踏み荒らしたり木の枝を勝手に切ったりなど周辺への迷惑行為は枚挙に暇はありません。

平成14年くらいに某巨大掲示板の鉄道関連で話題になっていた痛い鉄ヲタが日記平成12年 7月30日付記事でこんな事を書いておりました:

イカロス出版の「伊東久巳の全国鉄道撮影ガイド」に乗っているお立ち台はとても車では入っていけるところではなく、おまけに畑でUターンをせざるを得なくなり、非常に自己嫌悪になってしまって、この場所は撮影しないことにしました。

クルマで入れない場所にクルマで乗り込み、挙げ句畑を踏み荒らした事を自白しております。


鉄道会社にも実害が

ところで、"撮り鉄"も鉄道ファンである筈なので当然鉄道会社には敬意を払う筈です。

況して、鉄道会社に経済的な損害を与えるなどあり得ない筈です。

ところが、"不良撮り鉄"は鉄道会社にまで実害を与えるのです。

  • 列車を追うための"不良撮り鉄"に依るキセル行為
  • 撮影対象の列車を止めるために線路へ立ち入る

これらは当然ながら迷惑を通り越して営業妨害以外の何物でもありません。

本来なら大事にされるべき鉄道会社に対してさえも、この有様です。


批判者に逆ギレする"不良撮り鉄"に付ける薬なし

個人的にもっと腹立たしいのは、"不良撮り鉄"のこう言った悪行が批判される度に批判者に逆ギレして攻撃を加える"不良撮り鉄"が多数いる事です。

社会的通念からすれば批判されて当然の行為に対し逆ギレしているのです。

この手の行動を見ると、"不良撮り鉄"には自浄力が全くないのは明らかでしょう。

要するに"不良撮り鉄"につける薬はないと言う事です。


鉄道会社も"撮り鉄"排除に動く日が来る!?

いずれにしても、このままでは鉄道会社も対応しなければいけなくなるでしょう。

否、既に東京メトロが車輌退役日を非公開にして"不良撮り鉄"等の排除を成功させました。

今後鉄道会社が"不良撮り鉄"を排除するための更なる強硬措置を執る可能性は否定出来ません。

例えば、

  • 入場券制度を廃止して駅ホームへは乗車する者以外の立入りを完全に禁止する
  • 駅や沿線に機動隊を動員して"撮り鉄"を排除する
  • 地元民から苦情が出ている撮影スポットに塀を設置して撮影を阻止する

などの措置も今後執られる可能性があるでしょう。

勿論これらの措置には相応なコストが掛かるものです。

だからこそ鉄道会社は二の足を踏んでいるのでしょうが、いずれ限界に達すれば執らざるを得なくなるでしょう。

斯くして、撮り鉄が鉄道会社から排除されて行く訳です。


最後に

冒頭でも書いた通り、制作者は撮り鉄そのものは批判していません。

ですが、撮影のためなら何をしても構わないと言う行為は社会通念上許されるものではありません。

社会通念上許されない行為を続ける"不良撮り鉄"はどの程度いるか分かりませんが、存在が問題になる以上排除の動きは否定出来ません。

関連記事
スポンサーサイト



堀北真希うさぎ 紀子ちゃん(神崎紀子) 版権イラスト