大正時代の路面電車について

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有

今回はピクシヴに投稿するイラストを描いていて気付いた事です。


前置き:イラスト描くために大正時代の路面電車を調べる事に

ピクシヴのお題が「大正浪漫」だったので、それに合わせた絵を描いていたときの事です。

要は"はいからさん"、つまり小振袖に袴と言う服装の女の子を描く訳ですが、それ以外に大正時代を思わせるような要素が思いつきませんでした。

結局、大正時代の路面電車から女の子が降りていく場面を描く事としました。

路面電車としたのは、描き易そうだった事と大正時代に営業していた埼玉県で数少ない路面電車だった西武鉄道大宮線に興味があったからです。


本題:大正時代の路面電車にはドアがなかった?

さて、前置きはここまでにしましょう。

今回絵を描く際に西武大宮線の車輌の資料を見ていて気付いたのですが、どの車輌にもドアがないのです。

混雑時にドア付近に押し出されたら、何かの拍子に車外に放り出されてしまうのではないでしょうか。

もっとも、路面電車はそんなに速く走れない事に加え、西武大宮線は非常に評判が悪い路線で混雑などした事は殆どないと思われ、恐らく問題はなかったのでしょう。



西武大宮線の車輌はすべて他社局の車輌。つまり…

とは言え、西武大宮線の車輌は全て東京市電など他社局から譲渡されたもので、従って東京市電等他の路面電車線でもドアのない車輌が走っていた事になります。

ドアがない事をいい事に無賃乗車した輩もいたのではないでしょうか。


余談:その他の埼玉県の路面電車。

埼玉県には路面電車はこの西武鉄道大宮線の他に、現在の本庄市にも本庄電気軌道がありました。

こちらは、バス路線が充実した事で昭和 5年(西暦1930年)に営業終了後廃止になりました。

また、さいたま市には交通局が存在せず、このため大宮から浦和美園を結ぶ LRT 整備構想もあるそうです。


以下は絵に関する蛇足です。

大正時代のイメージで描いていた筈なのに出てくる女の子の目に当時まだなかったコンタクトレンズを入れてしまい、従って大正時代を描いたイラストと言う主張が成り立たなくなってしまいました。

このため、強引に大正時代のストーリーの動画を作っていると言う設定にしました。

関連記事
スポンサーサイト



堀北真希うさぎ 紀子ちゃん(神崎紀子) 版権イラスト