令和 2年『秋の乗り放題パス』発売決定。しかし…

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有

今回もトゥィッターで呟いた事です。



令和 2年『秋の乗り放題パス』発売決定

令和 2年 8月25日、令和 2年の『秋の乗り放題パス』の発売が発表されました。

今回は「旅に出よう! 日本を楽しもう!」をテーマに発売される事となります。


従来との違い

今回は例年より利用期間が一週間ほど長く、令和 2年10月 3日から25日までとなっております。

  • 発売期間は令和 2年 9月12日から10月23日となります。

その他の価格、効力とも従来と変わりませんが、大きな変化として従来は対応していなかった自動改札機に対応する事となりました。

但し、同時発売される北海道新幹線オプション券と併用する場合は自動改札は使えず、有人改札での双方の提示が必要になります。


新型肺炎の影響で利用期間を伸ばしたが…

正直、新型肺炎の影響で旅客鉄道会社が揃って大幅な赤字を出すようになってしまった結果、青春18きっぷや秋の乗り放題パスをやっていられるのか不安でした。

ですが、旅客鉄道各社は寧ろ「売れるものは何でも売ってしまおう」と言う方向に出たようです。


幻の東京五輪の影響で利用し難く

ただ、令和 2年は延期された東京五輪のためスポーツの日(旧体育の日)が変更された結果、10月には三連休が存在しなくなります。

例年、『秋の乗り放題パス』は体育の日を含めた三連休に利用が集中していると言われており、そうなると利用期間を延長しても余り利用は増えないのではないかと思われます。

青春18きっぷみたいに不連続で三日利用出来るようにする(前身の『鉄道の日記念・JR全線乗り放題きっぷ』がそうだった)などする方が、自動改札に対応するより良いのではないかと思います。

あるいは、連続二日間に変更するなどしてより使い易くするなど工夫すべきだったのではないでしょうか。


令和 3年、青春18きっぷにも何らかの変更が…?

もしかしたらですが、青春18きっぷについても令和 3年度に何らかの手が加えられるのかも知れません。

「とにかく売れるものを売る」と言う発想なら、今回の『秋の乗り放題パス』同様に通用期間の延長が考えられます。

また、今回『秋の乗り放題パス』が自動改札対応になった事を見ると、18きっぷの自動改札対応化も考えられます。

具体的には、今まで不連続で五日利用可能になっているのを購入時に利用日を指定して連続五日に変更するとか。

  • 『北海道&東日本パス』がこの方式です(七日間有効)。

ただ、それだと自動改札機には対応出来ても使い難くなってしまいますが…。

関連記事
スポンサーサイト



堀北真希うさぎ 紀子ちゃん(神崎紀子) 版権イラスト