遂に鉄道会社が"葬式鉄""撮り鉄"を排除し始めた!

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有

本日トゥィッターでつぶやいた事を記事にします。

取敢えず思う事は「いずれこうなってもおかしくなかった」「今後も状況は益々悪化する筈だ」と言う事です。


令和 2年 2月、民鉄二社で車輌が告知なく退役に


阪急電鉄は告知なく名車を退役に

東洋経済のコラムに拠ると、令和 2年 2月に阪急電鉄3000系が退役となったそうです。

阪急電鉄3000系電車は昭和39年(西暦1964年)に登場した電車で、五十年以上の長きに亘って活躍した名車でした。

しかし、そんな名車であるにも拘らず、事前告知もさよならイヴェントも一切無しでこっそりと退役になりました。

この一件に関し、阪急電鉄からは明確なアナウンスはありません。


東京地下鉄は"葬式鉄""撮り鉄"排除を明言

ですが、実は同月28日には東京地下鉄日比谷線03系電車も退役になりました。

こちらも事前告知もイヴェントも一切無しでこっそり退役となりました

東京地下鉄

  • 「"葬式鉄""撮り鉄"が安全を脅かす行為を行い、結果運行に支障が出たり他のお客様にご迷惑をおかけした。なので今回は退役日などの情報を一切伏せイヴェントも企画しなかった」

と明確に表明しております。


東京地下鉄で悪行三昧だった"葬式鉄""撮り鉄"

実際、東京地下鉄ではイヴェントで撮影の邪魔だからといって子供を浚い、挙げ句親に土下座を強要する事件が起きております。

更に、千代田線6000系のさよなら運転でも重大な迷惑行為に及んだ結果、一般乗客に罵声を浴びせるわ乗車を妨害するわとやりたい放題、まさに悪行三昧だったと言います。

仮令一部とは言え"葬式鉄""撮り鉄"がこれだけの悪行を行えば、"葬式鉄""撮り鉄"は一般のお客様に迷惑を掛け、安全な運行に支障を来す有害な存在と見なさない方がおかしいのです。

恐らく、阪急電鉄も同様の事情で3000系電車を秘密裏に退役にしたのでしょう。



鉄道会社以外にも"撮り鉄"は被害を及ぼす

"撮り鉄"が被害を及ぼすのは鉄道会社だけではありません。

  • 撮影の邪魔だからと木の枝を勝手に切る者
  • 耕作中の田畑を踏みにじる行為に及ぶ者、
  • クルマが通ると罵声を浴びせる者
  • 撮影の足場と称して花壇を踏み荒らす者
  • 撮影地にゴミを撒き散らして帰る者

などと枚挙に暇がありません。

当然苦情が殺到している筈なのに、何の対策もしないとなれば、早晩鉄道会社に対して沿線が協力する必要があるのかと思われてしまうでしょう。



自浄能力皆無の"葬式鉄"と"撮り鉄"

これまでにも、これらの"葬式鉄"と"撮り鉄"の悪行はマスメディアでも多々報道されてきております。

ところが"同業者"の多くは一連の報道に対し反省するどころかそれらの報道をした事に腹を立て、場合によっては執拗な荒らし行為で報道や批判を取り下げさせようとさえします。

これらの態度を見る限り、もはや"葬式鉄"や"撮り鉄"には自浄能力が全く無い事は明らかです。

当然、今後東京地下鉄や阪急電鉄に続いて"鉄"を排除する鉄道会社が次々現れても不思議ではありません。

残念ながら、もはや許されない事も判断出来ない"鉄"がとんでもなく増えている事を考えると、自らの活動の場を少しずつ失っていく事になるでしょう。

それどころか、「鉄道ファン」である事を知られただけで周りから白い目で見られる日が来るのもそう遠くはないでしょう


関連記事
スポンサーサイト



堀北真希うさぎ 紀子ちゃん(神崎紀子) 版権イラスト