貧乏人は列車で帰省出来なくなる日が来る!?

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有

今回もトゥィッターでつぶやいた事を記事にします。



経済力で乗れる列車が決まった昭和40年代

昭和40年代前半(西暦1960年代後半)くらいまでは、国鉄の長距離列車は事実上経済力で乗れる列車が決まっていました。

  • 富裕層は特別急行或いは急行のグリーン車
  • 中流階級は急行の自由席
  • そして極貧層は長距離普通列車

と言う具合にです。

エル特急の普及で中流層も特別急行が気軽に利用出来るようになり、高度経済成長で極貧層が激減した事もあって特急は殆どの人が乗れる列車になっていきました。


所得格差拡大が昭和40年代に引戻す…?

さて、昨今では所得格差の拡大が留まる事を知りません。

既に、制作者を含めてその日暮らしになっている層もかなり拡がっております。

結果、新幹線や特別急行に乗れない層が今後現れる可能性は否定出来なくなりました。


既に鉄道も格差社会へ…?

否、既に格差は鉄道に現れております。

百万円もの運賃を取る超豪華寝台特急が東日本, 西日本と九州で運転されております。

これらは間違いなく乗る人を選ぶ列車です。

新幹線のグランクラスも、富裕層を意識したものでしょう。

令和 2年改正で運転される『サフィール踊り子』はオールグリーン車で、これも利用者を選ぶ列車と言えます。


貧困層は鉄道に乗れなくなる!?


国鉄民営化が貧困層を締出す事に

国鉄時代は国営と言う建前から、一人でも多くの国民が乗れるよう貧困層向けに長距離普通列車の運転を続けておりました。

しかし国鉄は分割民営化され、結果利益を追求していかなければ生きていけなくなりました。

実際、既に述べた通り、高額な列車が次々設定されております。

収益が期待出来ない貧困層は相手にしなくなっていくでしょう。


貧困層向けサーヴィスはやってくれない可能性

勿論、平成時代のデフレーションの影響から貧困層に向けたビジネスも多数生まれました。

でも鉄道は運用コストが非常に高いため、旅客鉄道会社はそう言うサーヴィスには目を向けないでしょう。

コストを回収出来ない貧困層へのサーヴィスは徐々に減らされ、結果貧困層は列車での長距離移動が出来なくなる日が来るかも知れません


やはり「貧乏人はバス・LCCに乗れ」か?

一方、平成時代のデフレーションと規制緩和の影響で、脱法都市間ツアーバスが次々登場しました。

価格競争力を高めるため極めて無茶な運営をした結果重大事故が発生し、それを機に脱法ツアーバスの合法化(敢えて制作者はこう呼ぶ)が行われ今日に至ります。

今日ではかつての脱法バスのような異常な低価格は見られなくなりましたが、それでも鉄道や大手の合法な高速バスよりは運賃は安くなっております。

また、日本の空にも低コスト航空会社(LCC・いわゆる格安航空会社)が次々登場しております。

繁忙期には余り安くはならないのですが、それでもレガシィキャリアに較べれば安いですし、繁忙期でなければ新幹線より安く乗れる場合も少なくありません。

いずれにしても、旅客鉄道が貧困層が利用出来ない状態になったとしてもこれらの格安交通機関が受け皿になるでしょう



青春18きっぷは?

さて、旅客鉄道に於いて繁忙期に唯一と言って良い程の格安運賃として有名な『青春18きっぷ』。

これが貧困層の受け皿になるのではないかと思われる方もいるかも知れません。

  • 自称旅行会社社長(今は自称 NPO 会長でしたっけ?)などを揶揄するために言われる"青春18乞食"が本当の意味で使われる日が来るかも知れないと言う事です。

でも、制作者は個人的には青春18きっぷは貧困層の受け皿にはなり切れないと思っております。

確かに短距離なら18きっぷは有用です。

例えば首都圏から北関東などなら、普通列車の本数も多く実用的でしょう。


中・長距離では青春18きっぷは実用性がない

ですが、新幹線などが求められる中・長距離に於いては如何に格安であっても実用性はありません。

少なくとも、制作者は青春18きっぷで貧困家族が東京から北東北等に帰省したなんて話は聞いた事がありません。

今日の普通列車はほぼ全てが短距離運用で、長距離移動になるとどうしても乗継を繰返さなければならず、疲労度も馬鹿にはならないからでしょう。

また、整備新幹線の影響で青春18きっぷが使えなくなった線区も幾つかあります。


青春18きっぷを貧困層向け商品に出来るか?

それでは、青春18きっぷを貧困層向け商品に特化させるため

  • かつての国鉄のように長距離普通列車を青春18きっぷ期間限定で運転する
  • 並行在来線運営会社を青春18きっぷに加盟させる

と言った施策をするのはどうでしょうか。

  • こうなると青春18きっぷより"慈善18きっぷ"と言った方が適切かも知れませんが…。

青春18きっぷを廃止に追込む恐れが…

後者は青春18きっぷの値上げを引起こす可能性が高くなります。

前者についても、青春18きっぷを赤字化させる恐れが出てくるでしょう。

以前にも書きましたが、青春18きっぷは普段運行している普通列車だけを対象としているため持出しが殆ど発生せず、従って必ず黒字になる商品です。

でも、18きっぷ利用者のために長距離普通列車を各方面に運転しようとしても、距離や線区にも依りますが黒字化はほぼ不可能です。

そうすると18きっぷのために余計な持出しを行う事となり、本来なら黒字が当り前の18きっぷが一転赤字商品になってしまう恐れも否定出来ません。

赤字商品になってしまったら、青春18きっぷのような低価格商品は真っ先に整理対象になるでしょう。

結局、青春18きっぷを貧困層向けの商品に位置付ける事は難しいと言えます。


関連記事
スポンサーサイト



堀北真希うさぎ 紀子ちゃん(神崎紀子) 版権イラスト