『West Express 銀河』運行計画発表

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有

令和元年11月20日、新型特別急行『ウェストエクスプレス銀河』の運行計画が発表されました。

令和 2年 5月 8日より運行を開始します。



『ウェストエクスプレス銀河』とは

ウェストエクスプレス銀河』は、余剰化しつつある国鉄 117系電車を改造した新型特別急行列車です。

『トワイライトエクスプレス瑞風』が超高価な寝台特急なのに対し、低価格で身近な観光列車として開発されました。

クシェット(簡易寝台になる座席)など夜行利用も想定した内装となっており、様々な用途が期待されます。


令和 2年 5月から 9月までの運行計画

令和 2年 5月から 9月までは『ウェストエクスプレス銀河』は夜行の特別急行列車として JR京都・神戸線, 山陽本線, 伯備線, 山陰本線経由で京都⇒出雲市⇒大阪の往復を週二回程度運転します。

  • 下りは京都を21時頃に出て、出雲市には翌朝 9時半頃に到着
  • 上りは出雲市を16時頃に出て、大阪には翌朝 6時頃に到着

と言うダイヤになる予定です。

特急料金及びグリーン席料金は通常の在来線料金ですが、グリーン個室料金については設定がないため改めて設定されます。


令和 2年10月から令和 3年 3月までの運行計画

令和 2年10月から令和 3年 3月までは『ウェストエクスプレス銀河』は昼行の特別急行列車として、JR神戸線, 山陽本線で大阪⇔下関間を運転します。

詳細は後刻発表される予定です。


感想


文字通り『トワイライトエクスプレス瑞風』の廉価版

超豪華かつ超高価な寝台特急とは別に低価格な列車を設定すると言う発想は、九州旅客鉄道が『ななつ星イン九州』に対して『或る列車』を設定すると言う形でやっております。

ただ、九州のそれは『ななつ星イン九州』の廉価版とは言えず、全く異なるタイプの列車となっております。

一方、西日本が企画する『ウェストエクスプレス銀河』はまさに『トワイライトエクスプレス瑞風』の廉価版です。

『ウェストエクスプレス銀河』と違って中古電車の改造ですので行程に制約があり、完全に『ウェストエクスプレス銀河』を補完する訳ではありません。

それでも、直流電化区間は広いのでかなり充実した旅程になっております。

但し、特急列車として運航されるため青春18きっぷなどでの利用は出来ません。


東京には乗り入れませんかねえ?

117系は直流電車でかつては中京圏の新快速にも充当されておりました。

『ウェストエクスプレス銀河』編成でなくても、別の 117系を夜行対応に改造してかつての東阪間の寝台急行『銀河』を復活させられませんかねえ?

特急でも寝台料金がなければ行けそうな気がします。

  • 18きっぷでも乗れる快速にして…なんて何処かの営業もしていないくせに旅行会社の社長を自称する馬鹿(今は NPO 会長を自称しているのか?)のような馬鹿な事は言いません。

ただ、東海や東日本がどう言う態度を取るかは分かりませんが。

列車名に"銀河"を入れている事から、そのような運用も視野に入れている…と信じたいです。


東日本も作りませんかねえ?

ところで、東日本旅客鉄道さんは『トランスイート四季島』の廉価版は出さないのでしょうか?

勝田に居る交直両用車 651系の去就が囁かれていますが、これを改造して函館まで行ける廉価版特急とか考えませんかね?

関連記事
スポンサーサイト



堀北真希うさぎ 紀子ちゃん(神崎紀子) 版権イラスト