令和 3年から東京-大阪間の東海道線が IC カード一枚で乗車可能に!

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有

今回も、トゥィッターでつぶやいた事を記事にします。


東日本, 東海, 西日本が IC カードのサーヴィスを強化へ

令和元年 9月20日、東日本旅客鉄道, 東海旅客鉄道と西日本旅客鉄道は、三者連名で令和 3年春までに IC カードについて以下のようなサーヴィスを導入すると発表しました:


二社に跨った IC カード定期券の発売

現在、

  • 東海と東日本の境界駅である国府津, 熱海
  • 西日本との境界駅である米原

はトイカエリアから除外されていますが、令和 3年春までにトイカエリアに追加する事で、東日本と東海または東海と西日本の二社に跨った ICカード定期券を発行出来るようにすると言うものです。

但し、二社に跨った定期券では乗越出来ないと言う制約が加わります。

また、チャージでの運賃払いでは引続き JR 二社に跨っての乗車は出来ません(同じイコカエリアの西日本-四国間を除く)。


東海道・山陽新幹線の新幹線定期券を IC カードでも発売

既に東北, 上越, 北陸新幹線(東日本管内)で発売されている IC カード形式の新幹線定期券を、東海道・山陽新幹線でも発売する事になりました。

IC カードにする事で、紛失時の再発行も可能になります。

勿論、従来の磁気券同様並行在来線の乗車も可能です。

  • この場合、東京-熱海間からの東海道新幹線定期券はスイカでの発行もあり得ます。

IC カード定期券で東海道・山陽新幹線も乗車可能に

既に東北, 上越, 北陸新幹線(東日本管内)で実施されている IC カード定期券での新幹線自由席利用が、東海道・山陽新幹線(東京-新岩国間)で可能になります。

新幹線停車駅二駅以上を含む IC カード定期券で、指定された区間を自由席で利用した場合にチャージから自由席特急料金を引落とす仕組みです。

  • これも、東海道線に有効なスイカ定期券で、並行する東海道新幹線を利用する事が考えられます。
  • 山陽新幹線の対応区間が新岩国以東となっているのは、岩国以西がまだイコカに対応していないからでしょう。

本題・IC カードだけで東京-大阪間の東海道線を乗り通せるように!


現在は IC カードでの東阪移動には民鉄が不可欠

現在、鉄道系のユーテューバーに依り東京-大阪間を IC カードだけで乗り通すと言う企画動画が制作されております。

ただ、令和元年 9月20日現在、

  • 御殿場線・国府津-下曽我間
  • 東海道線・熱海-函南間
  • 同・醒ヶ井-米原間

がトイカエリアから外されているため、

  1. 東京から中央快速線で新宿まで
  2. 新宿から小田急小田原線で新松田まで
  3. 松田から名古屋まで御殿場線と東海道線
  4. 近鉄名古屋から鶴橋まで近鉄大阪線
  5. 鶴橋から大阪まで大阪環状線

と言うように IC カードに対応している民鉄を挟む事でこれを実現しております。


令和 3年春から民鉄不要! しかし…

令和 3年春に上記の除外区間がトイカエリアに加われば、これまで境界駅で途切れていた IC カードエリアが連続する事になります。

その結果、民鉄無しで東阪間を IC カード乗車券だけで移動出来るようになります

但し、定期券以外の IC カード乗車券では依然エリアを跨いでの乗車は出来ません。

このため、境界駅である国府津か熱海と米原で一旦改札を出て再入場する必要があります

いずれの駅も乗継に時間を取る事は可能なので、一旦改札を出入りする事はそれ程不利な要件にはならないでしょう。

もっとも、現在より難易度が下がり過ぎてしまい、面白みが損なわれるかも知れませんが。


余談

蛇足ですが、鉄道系ユーテューバーはこの他にもいろいろアホな企画をしております。

東阪間に関しては、

  • 在来特急だけで移動する(『あずさ』『しなの』等を乗り継いでいく)
  • 青春18きっぷを使って(つまり普通・快速列車だけで)一日で往復する
  • 各駅停車の列車だけで移動する(快速もダメ)

と言うような実用性の欠片もない企画を立てております。

関連記事
スポンサーサイト



堀北真希うさぎ 紀子ちゃん(神崎紀子) 版権イラスト