令和 2年の"春コミケ"は交通事情的にどうなる?

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有

今回もトゥィッターでつぶやいた事を書きます。



令和 2年は夏コミの代わりに"春コミ"を開催

令和 2年のコミケットは例年八月に開催する夏季のコミケットが東京五輪の影響で開催困難となったため、代わりに春の連休期間に行われる事になっております。


青春18きっぷが使えない時期

さて、春の連休期間には青春18きっぷ及び『北海道&東日本パス』のいずれも通用期間外です。

また『ムーンライトながら』も恐らく運転されません。

今日、遠方からの参加者がどれだけ青春18きっぷや『北海道&東日本パス』を利用しているかは不明ですが、それらを活用して交通費を節約していた方には大打撃でしょう。

まさかコミケットのために春季の青春18きっぷ及び『北海道&東日本パス』を延長したり代替商品を設定してくれるとも思えませんし。


他交通機関も安くはならず

加えて、この時期はどの交通機関も書き入れ時なので、夜行バスも低コスト航空会社も余り安くはなりません。

ひょっとしたら、交通費の高騰から参加を諦めなければならない方も出てくるかも知れません。


余談:かつては間違いなく青春18きっぷがコミケット参加に多用されていた

さて、平成10年前後の頃は各地に『ムーンライト』を名乗る夜行快速列車が設定されておりました。

その大半が全席指定だったとは言えこれを活用してコミケットに参加した方は非常に多かった筈です。

特に東海道ルートについては『ムーンライトながら』に並行して全車自由席の"臨時大垣夜行"も運転されており、相当多くの参加者を運んだ事でしょう。

品川を出る"臨時大垣夜行"は最盛期には通勤電車以上の混雑、いや混雑を通り越して積残しを来す事さえありました。

  • 東京駅はホームが狭く危ないため、ホームが広い品川駅からの出発としておりました。

それにしても、それだけの混雑だと列車を降りる頃には折角の戦利品がボロボロになっているのではないでしょうかねえ…。

関連記事
スポンサーサイト



堀北真希うさぎ 紀子ちゃん(神崎紀子) 版権イラスト