【ご報告】アンケート「NRE が北海道名物駅弁を首都圏で生産している事について」の投票結果等

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有

平成31年 3月21日から令和元年 5月 1日まで実施致しましたアンケート「NREは首都圏で製造した駅弁を北海道名物として販売していますが、これについてどう思われますか?」の集計結果です。

ご投票くださった皆様、ご覧くださった皆様に深く感謝申し上げます。


結果

多い順に並べております。

  • ▲は否定的或いは肯定的でない選択肢
  • ◯は肯定的な選択肢

とします。

◯オリジナル業者にライセンス料が正しく支払われるなら問題はない
8票 (26.7%)
◯衰退しつつある駅弁の保全に貢献していると評価
7票 (23.3%)
もっと早く始めれば、廃業で消えた駅弁が今も維持されたのに
5票 (16.7%)
ライセンス生産は構わないが、それならその事は明記すべきだ
4票 (13.3%)
▲現地のオリジナルと味や量などが異なってしまうのでは?
4票 (13.3%)
◯北海道に行かないと食べられない味が味わえるのは有り難い
1票 (3.3%)
▲そこでしか味わえない駅弁の価値を下げる愚行
1票 (3.3%)
▲詐欺的な産地偽装で、許される事ではない
0票 (0%)

本アンケート実施に至った経緯


北海道の駅弁が大宮で買える?

東日本旅客鉄道系のケータリング会社・日本レストランエンタプライズ(NRE)は東日本の営業エリアで駅弁の販売を行っております。

首都圏では大宮駅や東京駅などの駅ホームやエキナカで販売を行っております。

同社のサイトで各駅で扱っている駅弁のリストが見られるのですが、それを見ていて疑問がわきました。

と言うのも、北海道は釧路地方での名物駅弁が大宮駅等の駅弁屋で毎日販売されているのです。


実は首都圏製だった!

まさか毎日首都圏に向けて空輸しているのか?と思って早速調べてみたところ、何の事はない、大宮駅等で売っているのは首都圏の NRE 工場で生産されたライセンス品だったのです。

しかし、NRE サイトの何処を見てもそのような記述は全くなく、検索して出てきたウェブログ等でもオリジナル業者の住所がラベルに印字されておりました。

  • 実は NRE ライセンス生産品と分かるように業者名の後に印がついているそうですが、予備知識がない一般人には分からないでしょうよ。

それ故、一番始めに見つけたブログでは NRE を「詐欺的な産地偽装だ」と非難しておりました。

でも、一般の方はこのような駅弁のライセンス生産をどう思っておられるのでしょうか。

これが今回のアンケートのきっかけです。


感想

さて、実際に見たところ、制作者が初めて見つけたブログのように「産地偽装だ」「詐欺だ」と言うような否定的な投票は殆どありませんでした。

寧ろ肯定的な選択肢への投票が多く見られました。

地方の駅弁事情は依然厳しく、今後も業者の高齢化・後継者不足などで駅弁業者はどんどん廃業していくでしょう。

NRE のような安定した大手企業に依るライセンス生産は、そんな衰退の一途を辿る駅弁の保全に貢献していると評価されております。

ただ、地方駅弁のライセンス生産は余り歴史があるものではなく、NRE がライセンス生産を開始する前に力尽きて廃業になり二度と食べられなくなった駅弁も少なくありません。

その辺りを惜しむ票も見られました。

関連記事
スポンサーサイト



堀北真希うさぎ 紀子ちゃん(神崎紀子) 版権イラスト