余計な火種になってしまった北陸新幹線『かがやき』

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • アメーバで共有
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • Google+

平成27年 3月の北陸新幹線延伸では、延伸区間への直通列車は

  • 従来の在来特急の役目を引き継ぐ停車型『はくたか』
  • 北陸新幹線のフラッグシップとなるだろう速達型『かがやき』

が運転されます(※ 1)。


『かがやき』をめぐる高岡市での動き

現在予定されている『かがやき』の大宮以北の停車駅は、長野, 富山と金沢だけとなっております。

ところが、高崎駅, 上越妙高駅及び新高岡駅近辺では、これに反発する動きが起こりました(※ 2)。

特に高岡での『かがやき』誘致運動は激しさを極め、何と期成会まで結成されたと言います。

国土交通省を通じて、東日本旅客鉄道に圧力を掛ける動きもありました(※ 3)。

もっとも、開業までに新高岡停車の実現は殆ど無いと思われますが…。


『はくたか』だけで良かったんじゃないの?

そもそもの騒ぎの発端は、わざわざ速達型『かがやき』なんて設定した事ではないでしょうか。

北陸直通列車は『はくたか』一本にして、その中で速達版と各駅版、更に可能なら準速達版に分け、そのうちの準速達版を一部新高岡に止めれば、丸く収まったと思うのですが…。

何で東日本・西日本両社はわざわざ火種を撒いてしまったのでしょうか。


蛇足:埼玉県でも『はくたか』止めろと…

『はくたか』は大宮から高崎までノンストップを基本とする予定ですが、埼玉県は熊谷や本庄早稲田にも『はくたか』を止めろと要求しているようです。

埼玉県民である制作者でさえ、熊谷はともかく本庄早稲田停車は論外だと思いますが…。

しかも、北陸新幹線に対し、埼玉県は特に事業費用を負担していないので、そう言う要求は出来る立場ではないと思いますがねえ…。


脚注

  • 1. 加えて、既存の長野折返し型は従来通り『あさま』、更に北陸型の折返し便として『つるぎ』が設定されます。
  • 2. 今にして思えば、北陸新幹線の乗務員交代駅を境界駅である上越妙高ではなく長野にしたのも、上越妙高を速達型通過駅にする事を示唆したものだったのでしょうねえ…。
  • 3. もっとも、監督省庁が法的根拠もなく純民間企業に圧力を掛けるなんて、法治国家ならぬ人治国家みたいな真似は出来ないのですがね…。

    って、航空では"成田就航縛り"なんて法的根拠がない圧力を掛けているので、やっぱ日本は"特定亜細亜"並みの人治国家か?

関連記事
スポンサーサイト