水害で北陸新幹線の重要性が強調される?

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • アメーバで共有
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • Google+

トゥィッターでつぶやこうと思った事ですが、今回は先にこちらに書きます。

平成30年 7月西日本豪雨では、山陽地方を中心に広範囲に被害が出ました。

今回の一件で北陸新幹線の早期全通に向けた動きが加速するかも知れません。



バイパス路線まで被害を受け…

今回の災害は山陽本線のみならず、バイパスとなり得る呉線, 岩徳線などの多くの路線が被災しました。

災害の規模如何では、近くに予備路線を置いてもそれらも破壊されてしまう危険性が明らかになりました。

一方、山陰本線も下関市周辺など一部で相応の被害を受けてはいますが、被災区間が短かった事もあり大半が既に復旧しています。

ただ、残念な事に大半が非電化線のため、山陽本線のバイパスとしての運用が出来ずにおりますが。


東海道新幹線の予備として望まれる早期全通?

北陸新幹線整備の意義の一つに、東海道新幹線の予備路線と言うのがあります。

東海道新幹線が今回のような大災害で被災した場合、すぐ近くを通る中央新幹線も同様に被災する恐れは否定出来ません。

そして、これらから充分距離を置いた場所を走る北陸新幹線は東阪間の予備路線として機能する事が期待出来ます。

ただでさえ東海道新幹線の沿線には南海トラフ大地震・東海地震のリスクが存在しております。

そして、日本には地震のみならず水害のリスクも明らかになりました。

今回の水害を機に、北陸新幹線の早期全通を求める動きは益々強まるかも知れません。


補足

小浜市など福井県嶺南地方では、北陸新幹線小浜・京都ルートの全通を北海道新幹線札幌延伸より先に実現すべく運動を進めております。

  • 敦賀以西は環境アセスメントも済んでおらず、既に着工に入っている北海道新幹線より先に完成させられるかは疑問ですが…。
関連記事
スポンサーサイト