九州旅客鉄道は北海道の悪夢を見るのか?

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有

九州旅客鉄道は平成30年 3月17日のダイヤ改正で、大幅な列車数削減を決行しました。

今回は九州新幹線さえも削減対象となりましたが、特に普通列車の削減は尋常ではない程度になっております。



普通列車での"宗太郎越え"が不可能に!!


18きっぱの鬼門・"宗太郎越え"

日豊本線の佐伯-延岡間は大分・宮崎県境の山中に在り、人口も極めて希薄です。

加えて、両県間の交易も余り多くはなく、特別急行列車と貨物列車を通過させるために存在していると言っても過言ではない有様となっております。

それ故、普通列車の本数は元から非常に少なく、特に青春18きっぷ利用者からは"宗太郎越え"などと鬼門のように呼ばれております。

それでも、平成30年 3月17日改正までは佐伯-延岡間を直通する普通列車は上下とも三便ずつありました。


遂に佐伯-延岡間は一往復半に削減!

ですが、改正後は何と下り一便・上り二便にまで削減されてしまいました。

佐伯-重岡間は区間便があるので上下とも三便ありますが、宗太郎-北延岡間の各駅は上述の一往復半しかありません。

実際問題、宗太郎駅, 日向長井駅と北延岡駅は一日当りの利用者数が一桁しか無く、宗太郎駅に至っては 1人すらありません。

  • 宗太郎駅は平成25年くらいから秘境駅として話題になったことから利用者数が激増してはおりますがそれでも365人には満たないので依然一日平均では一人未満となっております。

佐伯以北からの普通列車での通過は不可能に!

唯一延岡まで乗入れる下り普通列車は佐伯を 6時18分に出発します。

ところが、この列車に接続する大分方面からの列車は存在しません。

つまり、佐伯以南からでないとこの列車を使う事が出来ないのです。

どうしても佐伯以北から延岡以南に行きたければ、1,930円払って特急『にちりん』を使うしかありません。


肥薩線での迂回が益々困難に!?

一方、区間毎の輸送密度では九州旅客鉄道最下位(平成28年度で 108人/キロ/日)となっている肥薩線・人吉-吉松間も、五往復から三往復にまで削減されました。

青春18きっぷなどでは、肥薩おれんじ鉄道での別払いを回避するため肥薩線ルートを使う方もいるでしょうが、これも更に難しくなってきました。

もはや18きっぷでの旅では素直に 2,060円払って『おれんじ18フリーきっぷ』を買った方が良いかも知れません。


上場しているのに北海道旅客鉄道に似てきた!?

さて、普通列車を大幅に削減と言えば真っ先に思い出すのが北海道旅客鉄道です。

平成28年ダイヤ改正では、かなり多くの普通列車が削減されました。

北海道の場合、主力となっているキハ40の老朽化で運行に必要な車輌が不足しているのが減便の理由でした。


九州は無理な上場が祟ったか?

一方九州旅客鉄道の場合は車輌数こそ充分にある筈ですが、クルマやバスとの競争が年々熾烈になっており赤字を圧縮する必要に追われているのが理由のようです。

九州旅客鉄道は株式を上場しており、当然株主に配当を与えられるようにしなければなりません。

そうすると、赤字事業の切捨はやむを得ないと言う事になるでしょう。

こう考えると、九州旅客鉄道はかなり無理をして上場したのではないかと思われます。

  • 九州は不動産屋かドラッグストアが鉄道をやっているような状況ですからねえ…。

今後は九州旅客鉄道の更なる"北海道旅客鉄道化"も?

今後、九州旅客鉄道は益々北海道旅客鉄道みたいになっていくかも知れません。

  • 九州旅客鉄道は上場に先立って不採算路線の整理を示唆しておりました。

今後、北海道旅客鉄道みたいに不採算路線や利用が少ない駅の整理にも取掛かるかも知れません。

そうなった場合、宗太郎駅は真っ先に整理対象となるでしょう。

肥薩線も観光路線として有用と言う理由で存続させておりますが、今後は特に人吉-吉松間に鉈を振り降ろさざるを得ないかも知れません。

何やら三島会社で唯一上場しているのに、いや上場したからこそ北海道旅客鉄道のような苦しみを味わいつつあるのでしょうか。

関連記事
スポンサーサイト

堀北真希うさぎ 紀子ちゃん(神崎紀子) 版権イラスト