旧 JR バス山鹿線の経路をバスで行くと…?

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • アメーバで共有
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • Google+

福岡県瀬高から熊本県肥後大津までを結んでいた旧ジェイアール九州バス山鹿線を、今バスで行くとどうなるかを調べてみました。



山鹿線とは

山鹿線とは、かつて省営自動車、国鉄バス、後にジェイアール九州バスが瀬高-肥後大津間にて運行していた自動車線です。

昭和10年(西暦1935年)に鉄道省省営自動車山鹿線として開業、その後昭和16年に全通しました。

末期には熊本県で唯一の JR バス路線でしたが、結局平成18年 2月28日限りで廃止され、九州産交バス等に引継がれました。

しかし、今日では産交バスも一部路線を廃止しております。


山鹿線の現状

平成30年 3月24日現在、旧山鹿線に相当する路線は

  1. 瀬高-真弓橋間がみやま市コミュニティバス『くすっぴー号 2号車』
  2. 南関ターミナル-温泉プラザ前(山鹿市)が九州産交バス
  3. 温泉プラザ前-肥後大津駅間が九州産交バス

となっており、真弓橋-南関上町間の路線バスは廃止されて存在しません。

  • 実は瀬高-真弓橋間も平成30年 2月28日まで高齢者・障害者限定のみやま市福祉バスとなっており、一般人の乗車は出来ませんでした。
  • みやま市コミュニティバス『くすっぴー号』は平日・土曜のみの運転です。

旧山鹿線の経路を今辿るとしたら?

ここからが本題です。

実際に旧山鹿線を公共交通機関のみで辿るとしたら、どうなるでしょう?

上述の通り、真弓橋(みやま市)-南関上町間には路線バスが残っていないため、この区間(約 3.7キロ)は徒歩移動するしかないでしょう。

今回は朝『くすっぴー号 2号車』始発便で瀬高駅を出て肥後大津に向かうルートを調べてみました。

  1. みやま市コミュニティバス『くすっぴー号 2号車』
    • 瀬高駅 8時39分発、真弓橋 9時 28分着
    • 運賃:100円
  2. 徒歩移動
    • 真弓橋から南関上町まで約45分
  3. 九州産交バス・山鹿線代行バス
    • 南関上町 11時40分発、温泉プラザ 12時25分着
    • 運賃:710円
  4. 九州産交バス・大津線代行バス
    • 温泉プラザ 12時32分発、肥後大津駅 13時59分着
    • 運賃:920円

つまり、所要時間は計約 5時間20分運賃は計 1,730円と言う事になります。


山鹿線時代はどうだった?

ちなみに、山鹿線時代末期(平成18年 2月28日現在)の瀬高駅-肥後大津駅間の所要時間は約 2時間半程度で、

  • 瀬高駅-山鹿温泉間 920円
  • 山鹿温泉-肥後大津館 870円

計 1,790円となりました。

市営コミュニティバスや徒歩移動区間がある事もあって運賃はそれ程上がっていません。

  • 寧ろ九州産交バスが山鹿線全線を代行していた頃より安くなった筈です。

ですが、所要時間に関しては、途中の徒歩移動を差引いてもかなり伸びてしまいました。


一日での往復は難しい?

尚、『すくっぴー号 2号車』は、始発便の他にも瀬高駅 17時48分発まで合わせて五便あります。

ただ、上りの最終便は真弓橋 14時27分発なので、肥後大津からはともかく瀬高からは一日での往復は不可能と思われます。


余談

  • 現在、九州産交バスに依る山鹿線代行バスが南関-肥後大津間で運転を続けている事を考えると、山鹿線も全線廃止とせず瀬高-南関間だけ廃止することもできたのではないかと思います。
  • 山鹿線の拠点だった旧山鹿温泉駅はどの辺りにあったのかグーグルマップなどで調べてみたのですが、どうも山鹿市役所本庁の西にあったようです。

    • 今は駅舎は撤去されタクシー乗り場となっておりますが周りの状況でここだと分かりました。

参考文献

いずれも、フィーチャフォンでの閲覧は不可能と思われます。

産交バスポータル
九州産交バスの公式サイトです。
JR 九州バス山鹿線
旧ジェイアール九州バス山鹿支店黙認?の非公式サイトです。
関連記事
スポンサーサイト