廃止前の三江線はドタバタ続き?

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有

平成30年 3月限りで廃止される三江線ですが、最後の最後にドタバタしているようです。



雪で一時不通に

まず、平成30年 1月11日までの大雪で、浜原-三次間が長きに亘り不通になりました。

この時、トンネルの一部が崩落していると言う噂まで流れ、このままだと三次方でのさよならセレモニーは代行バス乗場で行う事になるのでは?と本気で危惧しました。

幸い、2月24日に全線が復旧しました。既に島根県南部でも大雪は已んでおり、今後は再度大雪で不通になる恐れは殆どないと思われます。

  • 廃止間際に集中豪雨とかが起きない事を願っております。

強風で駅の設備が…

平成30年 3月 1日15時頃、浜原駅で跨線橋の外包材三枚・合計約 3キログラムが強風で吹飛ばされる事故がありました。

この日は全国的に強風が吹き荒れ、西日本旅客鉄道管内では他にも学研都市線(片町線)長尾駅構内で天井のアルミ板約 1キログラムが強風で崩落しました。

幸い、いずれの事故でも旅客に当たらず負傷者は出ませんでした。

特に三江線は"お別れ乗車"で混雑しておりますので、危険でした。

  • しかも青春18きっぷも使える日でしたから、余計に旅客が来ていた事でしょう。

雑感

「終わり良ければ全て良し」と言いますが、三江線の場合最後の最後にドタバタしております。

無事に廃止日を迎えられる事を願わざるを得ません。

関連記事
スポンサーサイト



堀北真希うさぎ 紀子ちゃん(神崎紀子) 版権イラスト