平成30年も青春18きっぷは無事発売。北海道&東日本パスは…?

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有

久々にこちらにも記事を書く事にします。

  • FC2 から変な言いがかりをつけられて一部記事を削除させられたので、使う気が失せておりました。


青春18きっぷには新たな特例が

平成30年も無事青春18きっぷが発売される事となりました。

商品自体は平成29年度と殆ど同じです。

北海道新幹線オプション券も併売されます。

強いて変化を言うなら、平成30年 3月17日に新たな特例が追加される事でしょうか。

平成30年 3月17日ダイヤ改正で、佐世保線・早岐-佐世保間の特急列車が特急料金不要になります。

当然、18きっぷでの同区間の『みどり』の乗車も認められるようになります。

この特例は宮崎空港線の特例に準じるものであり、普通車自由席以外も別払いで利用可能になります。

  • グリーン車は自由席扱いになるため、18きっぷでも利用可能になります。

『北海道&東日本パス』は?

さて、平成30年の青春18きっぷの発売要項は平成30年 2月 8日に発表されました。

ですが、平成30年 2月 9日現在『北海道&東日本パス』の発売要項はまだ出ておりません。

よく『北海道&東日本パス』は快速『ミッドナイト』を急行『はまなす』に統合するための措置だと言われております。

でも、平成28年 3月に北海道新幹線開通に先立って『はまなす』が廃止されてからも『北海道&東日本パス』は販売を続けております。


シルバーフェリーなどの代替で生延びた

苫小牧と八戸を結ぶシルバーフェリー(川崎近海汽船)は、一日四往復の運航があります。

平成30年 2月現在、うち二往復が夜行便となっております。

これを活用する事で、『はまなす』の代替をプラス 3,700円に抑える事が出来るようになりました。

  • フェリー大人旅客運賃から『はまなす』に要した急行料金を引いた差額です。
  • フェリーターミナルから最寄駅へのバス運賃も別途掛かりますが、状況次第では徒歩でも間に合う場合もあります。

八戸から盛岡までは青い森鉄道とアイジーアールいわて銀河鉄道に乗る必要がありますが、両社は『北海道&東日本パス』に加盟しており、従って別運賃は不要です。

いずれにしても、『北海道&東日本パス』は恐らく北海道旅客鉄道が予期しないであろう形で使われ続けております。


さて、どうなる…?

『はまなす』に代わる列車が設定されないまま『北海道&東日本パス』の設定を続けたのは、恐らく北海道新幹線の増収策もあったのでしょう。

でも、特急料金が高過ぎる上に夜行列車もない以上、思った通りに特急料金を稼ぐ事は出来ていないようです。

そう言った事から、今度こそ廃止になってしまうと言う可能性は否定出来ません。

まだ三月まで日数はありますので、状況を見極めたいと思います。


『北海道&東日本パス』が廃止されたら…?


シルバーフェリー苫小牧航路の場合

仮に『北海道&東日本パス』が廃止されたとしたら、北海道から東京へは(特にコミケットなど)どうすれば良いでしょうか。

シルバーフェリー(川崎近海汽船)の苫小牧-八戸航路の場合、八戸から盛岡へは青い森鉄道・アイジーアールいわて銀河鉄道だと合せて 3,040円かかります。

このため、フェリーターミナルから盛岡駅西口に直行する高速バス『八盛』(2,300円)で代替する手があるでしょう。


シルバーフェリー室蘭新航路の場合

また、平成30年 6月よりシルバーフェリーは室蘭-宮古航路を開設します。

下りは朝に宮古を出るため使えませんが、上りは夜行便のためこちらを使う手もあります。

宮古から JR 山田線を使えば、別払い無しで盛岡に直行出来ます。

欠点としては、

  • フェリー運賃が苫小牧航路より高い
  • 室蘭港は苫小牧より南にあるため、道内で到達出来る出発地が限られる
  • 上りについては日中の運航なので対応出来ない

と言ったところでしょうか。


その他の選択肢

その他にも北海道と内地を結ぶフェリーはいくつかあるので、それらを活用する事も考えられます。

  • まぁ『ガルパン』巡礼なら迷う事なく『さんふらわあ』(商船三井フェリー)を選択するでしょうw

LCC (低コスト航空会社)の利用も考えられますが、LCC は成田着なので、札幌郊外からなら 18きっぷは依然有用でしょう。

  • 札幌からでも、わずかとは言え18きっぷで元が取れます。
関連記事
スポンサーサイト

創作キャラクタ・版権作品 堀北真希うさぎ 紀子ちゃん(神崎紀子) 版権イラスト