【アンケートご報告】西日本旅客鉄道が誇る新快速の停車駅の数についてどう思われますか?

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • アメーバで共有
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • Google+

平成29年10月31日まで実施しておりましたアンケート

の結果についてご報告致します。

ご投票・ご覧くださった皆様に心から感謝致します。


集計結果

今回は、新快速の停車状況が琵琶湖線, JR 京都線及び JR 神戸線で大きく異なる事から、これらの三線区と全区間に亘ってのご意見をお伺い致しました。

以下、

  • ◯は現状維持
  • △は駅追加
  • ▼は駅削減

の回答とします。


全区間

◯全線に亘って現在の停車駅数が妥当
16票 (45.7%)
△全線に亘って停車駅が少ないので追加すべき
3票 (8.6%)
▼全線的に停車駅が増え過ぎたので絞るべき
16票 (45.7%)

更なる駅の追加を求める声は余り多くはないようです。


琵琶湖線

琵琶湖線内は現在の停車駅数が妥当
3票 (18.8%)
琵琶湖線内は各駅停車でも良い
1票 ( 6.3%)
琵琶湖線内の停車駅は多過ぎるので一度絞るべき
12票 (75.0%)

琵琶湖線はもともと停車駅が多いのですが、それでも栗東など通過駅はあります。

とは言え、新快速としては停車駅が多過ぎると言う見解が大多数となっております。


JR 京都線

平成29年11月 2日現在、JR 京都線の新快速停車駅は京都, 高槻, 新大阪と大阪の四駅のみとなっております。

そこに、新たに茨木を追加する案が浮上しており、それについての是非もお伺い致しました。

△停車駅に茨木を追加するのは妥当
6票 (27.3%)
◯停車駅に茨木を追加すべきでない
5票 (22.7%)
◯停車駅に茨木を追加するなら代りに高槻を通過すべき
1票 ( 4.5%)
▼京都-新大阪間ノンストップにすべき
10票 (45.5%)

新快速停車駅に茨木を追加する事については否定的な意見が多いようです。

それどころか、高槻通過を推す声が最も多くなっております。


JR 神戸線

◯JR 神戸線内の停車駅数は妥当
4票 (33.3%)
△JR 神戸線内の停車駅はもっと増えても良い
2票 (16.7%)
▼JR 神戸線内の停車駅は多いので一度絞るべき
6票 (50.0%)

JR 神戸線についても、停車駅を減らすべきと言う声が最も多くなっております。


全体

最後に、現状維持, 停車駅追加, 停車駅削減と言う括りで集計してみましょう:

停車駅数は妥当(◯印)
29票 (34.1%)
停車駅を増やすべき(△印)
12票 (14.1%)
停車駅を整理すべき(▼印)
44票 (51.8%)

総評

全体で見ると、停車駅を整理すべきと言う声が過半数を占めております

新快速自体は車輌が改良され続け、国鉄末期の設定当初に較べて停車駅も増えましたが所要時間も短縮しました。

とは言え、停車駅を更に絞れば、所要時間は更に短縮される筈です。

特に新快速の場合、停車駅では下位となる快速・普通列車との乗継のためお客が大量に乗降する事で所要時間を要します。

  • 一分くらいの停車時間を確保している駅もあります。

つまり、新快速停車駅の削減は単純に所要時間を減らすだけでなく、停車時間と言うロスタイムの削減にも繋がります。

とは言え、停車駅を絞ると利便性を損ねてしまうと言う判断もあるのでしょう。

関連記事
スポンサーサイト