JR 三十周年記念特別ツアー開催

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • アメーバで共有
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • Google+

JR グループでは、発足三十周年を記念して列車での本土縦断ツアーを開催する事となりました。

このツアーには、

の二種が設定されます。


観光列車での九泊十日ツアーの概要

出発日・期間
平成29年12月 5日発、九泊十日
募集人数
六十人
費用
39万円~48万円(大人限定)
旅程
一日目
上野発『カシオペア』翌日青森着
二日目
  1. 新青森発『はやぶさ95号』新函館北斗着
  2. 新函館北斗発『はこだてライナー』函館着
  3. (観光)
  4. 函館発『北斗13号』札幌着
三日目
  1. 札幌発『ノースレインボーエクスプレス』新函館北斗着
  2. 新函館北斗発『はやぶさ24号』盛岡着
  3. 盛岡発『なごみ(和)』仙台着
四日目
  1. 仙台発『ゲンビシンカンセン』大宮着
  2. 大宮発『Maxたにがわ408号』東京着
  3. 東京発『のぞみ347号』名古屋着
  4. 名古屋発『ひだ13号』下呂着
五日目
  1. 下呂発『ぬくもり飛騨路』高山着
  2. (観光)
六日目
  1. 高山発(白川郷観光を兼ねたバス移動)金沢着
  2. 金沢発『花嫁のれん』または『のとかがり火 5号』和倉温泉着
    • 『花嫁のれん』はオプション販売
七日目
  1. 和倉温泉発『のとかがり火 4号』金沢着
  2. 金沢発『サンダーバード16号』京都着
  3. 京都発『のぞみ23号』岡山着
  4. 岡山発『しおかぜ13号』松山着
  5. 松山駅前電停発 伊予鉄道 道後温泉着
八日目
  1. 道後温泉発(今治城及び糸山・来島海峡展望館観光を兼ねたバス移動)福山着
  2. 福山発『こだま741号(エヴァ仕様500系)』博多着
  3. 博多発『かもめ33号』長崎着
九日目
  1. 長崎で軍艦島上陸クルーズ
  2. 長崎発『A列車で行こう』新鳥栖着
  3. 新鳥栖発『さくら664号』岡山着
  4. 岡山発『サンライズ瀬戸』または『サンライズ出雲』翌日東京着
特典
オリジナルピンバッジセット贈呈

新幹線列車での二泊三日ツアーの概要

出発日・期間
平成29年12月 5日発、二泊三日
募集人数
八十人
費用
15万円(大人限定)
旅程
一日目
  1. 新函館北斗発『はやぶさ12号』東京着
  2. 東京発『のぞみ359号』名古屋着
  3. (リニア・鉄道館見学)
  4. 名古屋発『のぞみ391号』新大阪着
  5. 新大阪発 JR京都線 大阪着
二日目
  1. 大阪発 JR京都線 新大阪着
  2. 新大阪発『さくら551号』岡山着
  3. 岡山発『南風 7号(アンパンマン列車)』琴平着
  4. (観光)
三日目
  1. 琴平発『南風 4号』岡山着
  2. (市内観光バスツアー)
  3. 岡山発『さくら555号』博多着
  4. 博多発『さくら413号』鹿児島中央着
特典
  • 一日目のリニア・鉄道館での見学では、一般公開されていない 300X, オハ35形客車, 100系食堂車の食堂が見学出来ます。
  • また、二日目の琴平観光では、やはり一般公開されていない金毘羅比羅宮の白書院が特別に見学出来ます。
  • オリジナルピンバッジセット贈呈

感想

今回のツアーはどちらかと言えば"鉄"を対象としていないツアーと言う感じがします。

  • "鉄"の中には、観光地には興味のない方も多いですからねえ…。

新幹線ツアーは中途半端?

ただ、新幹線ツアーに関しては、リニア・鉄道館での特別公開が"鉄"をターゲットにしているような気もしないでもありません。

その一方で"鉄"が興味を持たないかも知れない金毘羅比羅宮の白書院特別公開も組まれております。

そもそも、新函館北斗から鹿児島中央までの片道ツアーと言うのが、一般人を排除しているような気もするのですが…?

いずれにしても、個人的な感想としては中途半端な感じが否めないツアーとなっております。

尚、双方のツアーはご覧の通り出発日が同じであるため、同一人物が双方のツアーに参加する事は不可能です。

関連記事
スポンサーサイト