西日本新快速の誘致の声と反対の声

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • アメーバで共有
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • Google+

現在 JR 京都線では四駅にしか停車しない新快速ですが、西日本旅客鉄道の看板列車だけにいろいろあるようです。


茨木駅への新快速停車構想

既にご存じの方も多いと思いますが、茨木駅新快速を止める計画があります。

それと並行して、茨木駅の隣に JR 総持寺駅が新設される事になっており、平成30年ダイヤ改正時に開業する事が決まっております。


他の利用者から轟々たる非難?

ところが、新快速の停車駅が増えるとそれだけ遅くなると、茨木駅利用者以外からは反対と言うより非難に近い声が上がっているとの事です。

現状、JR 京都線には新快速は京都, 高槻, 新大阪, 大阪の四駅にしか止まっておらず、京都-大阪間の所要時間も三十分しか掛からず、これなら多少時間が伸びてもいいような気もします。

って、こう言う考え方をするには、私がそんな"高速列車"と縁がない関東人だからでしょうか…?

  • 傍から聞いているとまるで"死活問題"のようにも聞こえるのですが…。

"南びわ湖駅騒動"でも上がった新快速誘致の声

新快速誘致の声は琵琶湖線でも起きております。

結局実現しなかった東海道新幹線・南びわ湖駅の誘致をめぐり、一部住民からは「新幹線より栗東駅に新快速を止めてくれ」と言う声が上がったと言います。

琵琶湖線は JR 京都線と違って新快速の通過駅もそれ程多くはないのですが、栗東駅はその数少ない新快速通過駅です。

栗東からの場合途中の草津か京都辺りで乗換える事になりますが、余り接続は良くないようです。

でも、琵琶湖線内を各駅停車にする訳にも行かず、今も実現しておりません。


余談:一方東では停車駅が増えても不満の声は聞こえない

一方、東日本では長らく頑なに拒否されて来た常磐線特別快速の北千住停車が平成27年にやっと実現しました。

でも、その結果停車駅が増えて遅くなったと言う不満の声は余り聞かれません。

北千住停車の背景には競合のつくばエクスプレス(首都圏新都市鉄道)から利用者を奪う狙いがあったと思われます。

その一方で、利用者からは寧ろ「一分や二分くらい遅くなってもいいから北千住に止めろ」と言う声がもともと大きかったものです。

ですから、恐らく不満の声があったとしても少数なのでしょう。


余談の余談:新快速並みの速さでも評価されない常磐特快

それにしても、E531系に依る 130キロ毎時での走行で、やっと西の新快速に比肩する高速普通列車が登場したと思いきや、"鉄"の評価はそれ程高くはないのですよねえ…。

  • 下手したら、常磐線特別快速より遅い筈の京浜急行電鉄快速特急の方が評価が高いのではと思います。

やはり普通車の座席がアレだからでしょうかねえ…?

それでも、TX に対抗すべくセミクロス車を E231系近郊タイプよりは増やしているのですがねえ…。

関連記事
スポンサーサイト