平成29年 7月九州北部豪雨の影響

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • アメーバで共有
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • Google+

平成29年 7月31日、九州旅客鉄道は平成29年 7月九州北部豪雨の被災状況を発表しました。


概要

九州旅客鉄道の発表に拠りますと、以下の状況となっております:


久大本線

日田-光岡(てるおか)間の花月川(かげつがわ)橋梁が流失し、結果不通になっております。

国土交通省などの支援の目処がたったため、平成30年夏の復旧を目指すとの事です。

尚、同区間では既にバス代行輸送を実施しており、前後の普通列車と連絡しております。


日田彦山線

添田-夜明間で計 63箇所の被災が確認されました。

このため、復旧には相当の日数を要する見込みとなっております。

尚、同不通区間のうち、大行司-日田間については平成29年 7月31日よりバス代行輸送が開始されております。

ですが、残りの添田-大行司間については依然代行輸送を実施しておりません。


感想

久大本線は本線と言うだけあり、国の支援で復旧への目処が立ったようです。

ただ、復旧に一年くらい掛かるのがちょっと気になります。


日田彦山線は部分廃止も…?

問題は日田彦山線でしょう。

日田彦山線は北九州都市圏にも含まれ、平成に入ってから三つの駅が新設されてきた路線です。

不通区間にも平成20年に歓遊舎ひこさん駅が設置されております。


被災区間は輸送密度が300人もない区間

が、不通区間を含む田川後藤寺-夜明間の平成28年度平均通過人員は 299人/キロ/日しかありません。

この数字は九州旅客鉄道線内では熊本地震の影響を受けている豊肥本線を除くと

  • 肥薩線・ 人吉-吉松間(108)
  • 日南線・油津-志布志間(222)
  • 筑肥線・伊万里-唐津間(236)

に次いで四番目に悪い成績となっております。

ちなみに、上場前に廃止が取り沙汰されていた指宿枕崎線・指宿-枕崎間は 301人/キロ/日でした。

それだけに、今回の一件を機に不通区間の廃止を検討するのではないかと言う気もしております。

  • でも、あの北海道でさえ簡単には廃止出来ないのですよねえ…。
関連記事
ページ先頭