北陸発東北直通列車運行も仙台に W7系は来ず

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • アメーバで共有
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • Google+

西日本旅客鉄道金沢支社は、平成29年10月に運転する北陸発東北新幹線直通チャータ列車について運行計画を発表しました。



概要

それに拠りますと、

  • 往路は平成29年10月23日・金沢 8時06分発、仙台12時11分着
  • 復路は平成29年10月25日・仙台13時51分発、金沢17時40分着

となります。

いずれも東日本車である E7系での運転となり、残念ながら仙台に W7系の入線はない見込みです。


感想

個人的にはちょっと期待していたので残念な気分になりました。

  • ご存じの方も多いと思いますが、E7系と W7系には少なからぬ相違点があります。

とは言え、

  • W7系が E7系に較べて数が少ない事
  • 西日本保有の W7系を遠征させた場合、新たな車輌使用料が発生する事

など W7系を遠征させたくないであろう理由は幾つか思い付きます。

これまでにも仙台発金沢行きのチャータ列車は運行されておりましたが、東北新幹線は東日本管内と言う事で E7系が充当されておりました。

でも、何時かは W7系が大宮以北の東北新幹線に乗り入れる日は来るのでしょうかねえ…。

関連記事
スポンサーサイト