平成29年版・九州・奄美・琉球発コミケット向け乗継時刻

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • アメーバで共有
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • Google+
  • 【重要】平成29年 7月九州北部豪雨の影響で、大分, 日田方面からの乗継時刻が変更になっております。

    詳細はこちらを御覧ください。

前回に続いて今回は九州, 奄美, 琉球地方発の『青春18きっぷ』でコミケットに向かう経路です。

但し、『ムーンライトながら』が取れない場合のダイヤとします。

  • 【注意】
    • ご利用の結果については一切責任は負えません。ご利用の際は自己責任でお願いします。
    • 尚、コミケットでは会場周辺での前日の野宿(徹夜行為)は固く禁じられております

概要


昨年と余り変わらないダイヤ

西の方は新幹線開通などの大きな変化が特に無いため、平成29年度の乗継ダイヤはそれ程大きくは変わってはおりません。

強いて言うなら、肥薩線の『しんぺい 4号』が人吉から特別急行列車になるため、必ず人吉で降りて後続の普通列車に乗継がなければならない事でしょうか。


『ムーンライト九州』の代替は『広福ライナー』で

平成21年正月までは、博多と京阪神を結ぶ夜行快速列車『ムーンライト九州』のお蔭でスムーズ且つ格安な移動が可能でした。

ですが、既に九州-京阪神間の夜行列車に充当出来る車輌は残っておらず、同様の夜行列車の運転は最早不可能になっております。

このため、夜行バス等を代替に使う必要がありますが、最も安くて便利そうなのはやはり博多と広島・福山を結ぶ『広福ライナー』辺りでしょう。

平成29年ダイヤも『広福ライナー』を『ムーンライト九州』の代替と位置づけてダイヤを組んでおります。


『鹿児島ドリーム広島』は?

鹿児島からなら、夜行バス『鹿児島ドリーム広島』を使えば青春18きっぷ一日分を浮かす事が可能になります。

ですが、平成29年 6月29日現在夏季の運行計画が発表されておりません。

まさか廃止にはならないと信じたいのですが、運行計画がない以上当てには出来ないため、このバスについては考えない事としました。


熊毛地方からのアクセスについて

今回は、新たに熊毛地方(種子島・屋久島)からのルートも調べてみました。

種子島・屋久島からも低価格なフェリーもあるのですが、鹿児島での同日接続は出来ないため、ジェットフォイル『トッピー』を用いたダイヤを組んでみました。

また、熊毛地方の他、奄美・琉球地方からの場合はフェリーターミナルから駅に向かう必要があるため、そのためのバス時刻も調べておきました。


平成29年九州・奄美・琉球発乗継時刻表

  • 【重要】平成29年 7月九州北部豪雨の影響で、大分, 日田方面からの乗継時刻が変更になっております。

    平成29年 7月21日現在の乗継時刻はこちらを御覧ください。

今回の PDF 版は B2 版にしておりますので、かなり大きくなっております。

このため、フィーチャフォン向けに配信している HTML 版へのリンクも付けておきます。

  • フィーチャフォンの方はどちらでも HTML 版となります。
関連記事
スポンサーサイト