州都なのに"陸の孤島"?

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • アメーバで共有
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • Google+

歌手・元ちとせさんの出身地・鹿児島県大島郡瀬戸内町嘉徳は、南東が海に面しそれ以外は山に囲まれていると言う文字通りの"陸の孤島"です。

集落に至るには二本の林道のいずれかを通るしか無く、このため限界集落化しつつあると言います。


さて、このような"陸の孤島"は世界中にあると思いますが、大国の州都にもそんなところがあります。

アメリカ合衆国の四十九番目の州・アラスカ州と言えばアンカレッジ市が有名ですが、州都はそこではなく州の南端に近いジュノーと言う都市です。

ジュノー市はまた郡でもありますが、郡のほぼ全域がグレイシャーベイ国立公園の自然保護区に含まれております。

このため、ジュノー郡は南が太平洋に面しているのを除いて、全方位山に囲まれております。

このような地理のため、ジュノー郡外からの陸路は道路・鉄路とも一本も存在しません。

従って、ジュノーにアクセスするにはフェリーか航空機を利用するしか無い事になります。

一応ジュノー郡内にはアラスカ州道 7号が通っておりますが、ジュノー郡の南北端で未通となっており、未通区間は州営フェリーであるアラスカ・マリン・ハイウェイで連絡するしかありません。

  • 尚、アラスカ州道 7号は四区間に分断されたままとなっており、アラスカ・マリン・ハイウェイは各区間を連絡しております。

まぁ、州都と言うだけあって市街地は"陸の孤島"とは思えないほど拓けてはいるのですがね…。


ジュノーに限らず、アラスカ州や隣のカナダにはこのような"陸の孤島"となっている集落が多数あります。

内陸にある集落でも、道路未整備のため空路でないとアクセス出来ないところも幾つもあります。

このため、アラスカ州やカナダにはセスナ機などで集落と都市間を輸送する小規模な航空会社も多数あるそうです。

関連記事
スポンサーサイト