石北本線で臨時快速運行

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • アメーバで共有
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • Google+

北海道旅客鉄道は平成29年 4月 1日から 9月30日までの金 , 土, 日曜日に石北本線・旭川発北見行き臨時快速列車を運行すると発表しました。


石北本線臨時快速列車の概要

この臨時快速列車は全車自由席で、旭川を20:00に出発して北見には23:04に到着すると言うダイヤとなっております。

札幌18:30発『ライラック35号』と接続する事で従来比で一時間遅く札幌を出られるようになります。

途中停車駅は当麻, 上川, 丸瀬布, 遠軽, 留辺蘂, 東相内駅と北見です。

運転日は平成29年 4月から 9月まで金曜, 土曜, 日曜に漏れなく運転されますが、これらに該当しない祝日祝前日などの運転はありません。

  • 四月から五月の大型連休期間や八月の夏休み期間も月曜から木曜には運転はありません。

感想


『特別快速きたみ』より速い名無し快速!

暗い話題ばかりだった北海道旅客鉄道ですが、一昨日から明るい話題が続いております。

今回運行される臨時快速列車の旭川-北見間の所要時間は 3時間 4分となっており、特別快速きたみ』よりも速い列車となります。

それなのに、愛称は与えられないようです。

夏休み期間には平日も運転したら青春18きっぷや『北海道&東日本パス』での旅行に便利になると思うのですが、流石にそこまでしてくれはしないでしょうねえ…。


本当は特急にしたかったのでは?

北海道旅客鉄道の現状を考えると、本当なら今回の臨時快速も特急『大雪91号』とでもして特急料金を取りたいところでしょう。

否、それこそ『特別快速きたみ』も急行列車にしたいのではないかとさえ思えてきます。

  • 実際、かつて宗谷本線では『特別快速きたみ』とほぼ同程度の車輌で急行『礼文』を運転しておりました。

    とは言え、今まで料金不要で運転していたのを車輌も変えずに料金取ったら流石に拙いでしょうねえ…。

恐らく、『大雪』用のキハ183系もギリギリの数しか残っておらず、そのためキハ54系辺りで運転するのでしょう。


どうせなら網走まで運転すればいいのに…?

平成29年度ダイヤに拠れば、北見から網走方面への最終列車は北見21:28発となっており、このため北見以遠へのアクセスはこの列車では出来ません。

北見-網走間は普通列車でも一時間くらいで行けるので、だったら網走まで延長運転しても良さそうなのですがねえ…。

  • 時刻表を見たら、北見-網走間で通過駅が多い筈の『オホーツク』もそれ程速くはないのですよね…。
関連記事
スポンサーサイト