団体列車『シーハイル』ツアーは 189系電車廃止フラグ?

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • アメーバで共有
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • Google+

昨年暮れに東日本旅客鉄道高崎支社から発表された、団体連用列車『シーハイル』ツアー(平成29年 2月 4日実施予定)についてです。

既に発売を行っているため満員御礼になっていると思われますが、気になった事があるので書きます。


概要

『シーハイル』とは、平成27年度まで運転されていたスノーリゾート向けの臨時快速列車です。

  • 平成16年度まで佐野発両毛線経由上越線直通で運転された『シーハイル両毛』
  • 平成27年度まで大宮発高崎線経由上越線直通で運転された『シーハイル上越』

の二種がありました。

車輌として 165系急行型電車, 183系特急形電車, 185系遜色特急型電車などが使われておりました。

今回、国鉄色の 189系特急形電車で日帰りツアーとして企画される事となりました。

出発日は平成29年 2月 4日のみ、上尾⇔越後湯沢間を往復運転しますが、ツアーとしては上下のうち片道のみとなります。

特典として、特製弁当と乗車記念品の車内配布があります。


感想

大宮発にしなかったのは、やはりダイヤの調整が難しかったからでしょうか。

片道のみのツアー(当然もう片道は別払い)と実用性が全く感じられないツアー内容を見る限り、明らかに"鉄"を対象としたツアーだと分かります。

昨年も、東日本管内では 583系特急型電車や E26系『カシオペア』客車などでこの手の"鉄"を主客層にしたツアーが企画されました。

今回の場合、車輌が国鉄色 189系特急型電車と言うのが気になります。

昨年のツアーで登場した 583系電車は何時廃止になっても不思議ではない状況でした。

E26系客車も『トランスイート四季島』 E001系の登場でどうなるか不透明です。

  • 車齢を考えると廃車はちょっと早い気がしますが…。

そして、189系特急型電車も今では風前の燈になっております。

やはりこのツアーも、189系廃止前の企画でしょうか…?

関連記事
スポンサーサイト