平成29年 3月ダイヤ改正

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • アメーバで共有
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • Google+

JR クループ七社と関係鉄道会社が、平成29年 3月 4日ダイヤ改正を発表しました。

関係鉄道会社についてはまだ出揃っていないようですが、執筆時点での内容について。


北海道旅客鉄道

やはり渦中の?北海道旅客鉄道が一番気になるところです。


道北特急等の見直し

道北への特別急行列車の一部を旭川発着に変更する事となりました。

これらは、札幌方面からは函館本線特急『ライラック』と旭川で接続となります。

この他、函館本線『北斗』も一部『スーパー北斗』に置換わります。

具体的には、以下のようになります:


宗谷本線

現在、札幌-稚内間

  • 『スーパー宗谷』二往復
  • 『サロベツ』一往復

となっているのを、

  • 札幌-稚内間『宗谷』一往復
  • 旭川-稚内間『サロベツ』二往復

に変更します。

『サロベツ』はキハ261系 0番代に置換えて旭川発着とし、復活する『ライラック』と旭川で接続します。


石北本線

現在、札幌-網走間を『オホーツク』四往復となっているのを、

  • 札幌-網走間『オホーツク』二往復
  • 旭川-網走間『大雪』二往復

に変更します。

『大雪』は従来のキハ183系『オホーツク』編成をそのまま転用します。

尚、『大雪』は復活する『ライラック』と旭川で接続します。


函館本線

キハ183系で運転されていた『北斗』の一部が、キハ261系『スーパー北斗』に移行します。


これらの変更の理由

普通列車に充当されているキハ40系のみならず、特急列車用のキハ183系も老朽化が深刻になっております。

とは言え、普通列車用気動車さえ置換が進められない状況で更に高価な特急用気動車の完全な更新は不可能で、このため現時点で可能な運用に縮小したものと言う事です。


旧『スーパー白鳥』編成は『ライラック』に

北海道新幹線開通まで青函特急として運行されていた『スーパー白鳥』789系 0番代は、札幌-函館間に『ライラック』として投入されます。

従来の789系1000番代で運転されていた『スーパーカムイ』は『カムイ』に改称されます。

この結果、札幌-旭川間折返しの電車特別急行は、3便増 1便減で一日24往復となります。

また、『ライラック』の愛称名が復活する事となります。


北海道でのエル特急の呼称廃止へ

また、これまで短距離運行で自由席主体の特別急行列車に対して付けられていた"エル特急"の呼称を廃止し、"特急"に統一される事となりました。

これに依り、"エル特急"の呼称を用いる旅客鉄道会社は東海だけとなります。

  • 東海では"エル特急"呼称廃止はない模様です。

ただ、北海道では"エル特急"は自由席メイン(指定席は Uシートのみ)の短距離特急として意味があったので、敢えて変える必要があったのか疑問です。

料金面では確かに差異はないのですが、やはり先行して"エル特急"を捨てた東日本に追従してのものでしょうか…。


利用が少ない駅として十駅を廃止に

廃止対象駅として五十一駅が候補になっておりましたが、平成29年ダイヤ改正では以下の十駅が正式に廃止となります:

千歳線
美々駅
根室本線
島ノ下駅, 稲士別駅, 上厚内駅
釧網本線
五十石駅
函館本線
(函)東山駅, (函)姫川駅, (函)桂川駅, 北豊津駅, 蕨岱(わらびたい)

尚、不通区間の端点となっている根室本線・東鹿越駅は、復旧区間が短縮されてしまうからか今回の廃止対象からは除外されたようです。


その他の旅客鉄道会社

北海道以外では余り大きな動きは見られませんが、特に目についた話題を。


可部線再延伸等で広島県に三駅が開業!

可部線の再延伸で、河戸帆待川(こうどほまちがわ), あき亀山両駅が開業しますが、加えて山陽本線にも寺家(じけ)駅が開業します。

これに依り、広島県では一気に三駅が開業する事となります。


一部線区での蓄電池式電車への完全移行

以下の非電化線で、従来より導入されていた蓄電池式電車へ完全移行となり、同線区での気動車列車は全廃となります:

東日本旅客鉄道・烏山線
従来より投入していた EV-E310系直流電化対応蓄電池式電車に完全に置換わります。
九州旅客鉄道・若松線(筑豊本線 若松-折尾間)
BEC819系交流電化対応蓄電池式電車"DENCHA"に完全に置換わります。

加えて、東日本・男鹿線にも EV-E801系交流電化対応蓄電池式電車が投入されます。


日本貨物鉄道

  • 名古屋南-盛岡(タ)間は、トヨタ自動車が自動車部品の輸送で専用貨物列車『トヨタ・ロングパス・エクスプレス』を使っておりますが、これが二往復に増発されます。
  • ネット通販の普及で需要が増えている積合せ輸送の需要に応え、名古屋(タ)-福岡(タ)間に専用の貨物列車が設定されます。

自動車業界は鉄道の敵だと思い込んでいる鉄ヲタも多いのですが、トヨタ自動車と言う会社は愛知環状鉄道に出資し従業員に利用を奨励するなど意外に鉄道との共存に力を入れているものです。

蛇足ですが、『トヨタ・ロングパス・エクスプレス』には専用のヘッドマークがあるそうです。


関係鉄道他社

本稿執筆時までにリリースがあった会社の中から目についたものを。


北越急行

平成28年 3月改正では普通列車二便を快速列車に移行して越後湯沢での上越新幹線接続を向上させます。

直江津から大宮・東京へは北陸新幹線・上越妙高接続でもそれ程早くはならず、このため表定速度日本一の普通列車『超快速スノーラビット』で上越新幹線ルートのシェア維持を狙っております。

今回の快速列車新設は、直江津-大宮・東京間の更なるシェア獲得を狙ってのものでしょう。

  • まぁ、上越市-首都圏間はそれ程大きな市場ではないですけどね。

えちごトキめき鉄道

信越本線-日本海ひすいラインの新潟 17:58発-直江津 20:39着快速列車が廃止されるとの事で、その代替として、信越本線・長岡発直江津 20:53着普通列車に接続する糸魚川 22:03着普通列車を新設します。

信越本線-日本海ひすいライン直通列車が廃止されるのは、東日本側が直江津以西の線路使用料の支払いを嫌ってのものでしょうか。

関連記事
スポンサーサイト