平成29年の旅客鉄道会社元旦乗り放題切符

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • アメーバで共有
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • Google+

かつては東日本や東海でも発売されていた元旦乗り放題きっぷですが、現在では西日本と九州だけの発売になってしまったようです。


西日本旅客鉄道の場合

西日本旅客鉄道では、平成29年元旦限定の『元日・JR西日本乗り放題きっぷ2017』を発売します。

このきっぷは普通車用とグリーン車用があり、北陸・山陽新幹線を含む西日本旅客鉄道の鉄道線全線と智頭急行線及び JR 西日本宮島フェリーが乗り放題になると言うものです。

  • あいの風とやま鉄道の富山-高岡間と、IR いしかわ鉄道の金沢-津幡間について、料金を要さない普通列車に限り通過利用が出来ます。
  • 普通車用は普通車指定席が、
  • グリーン車用はグリーン車または普通車の指定席が

最大四回まで利用出来ます。

価格は以下のようになります:

      大人  小人 
普通車用  15,500 3,000
グリーン車 17,500 5,000

大人一人以上から発売、利用出来ます。

  • 小人のみでの利用は出来ません。

平成28年12月11日より30日までの発売で、元旦前日及び元旦当日の発売はありません


九州旅客鉄道の場合

九州旅客鉄道では、

  • 普通列車限定版『初乗り!お年玉乗り放題きっぷ』
  • 九州新幹線対応版『元日九州初旅きっぷ』

の二種が発売されます。


普通列車限定版『初乗り!お年玉乗り放題きっぷ』

平成29年元旦から 1月 3日までの三日のうち購入時に指定した一日限定で普通列車が乗り放題になる切符です。

  • 平成29年元旦付の切符は、平成28年12月31日21時から利用出来ます。

新幹線・特急は利用出来ません。

  • 詳細は書かれておりませんが、宮崎空港線での特急特例は恐らく適用されると思われます。

価格は、

  • 大人 2,300円
  • 小人 200円

となります。

大人一人以上から発売、利用出来ます。

  • 小人のみでの利用は出来ません。
  • 小人用は大人用と同時購入か、購入済みの大人用券片を提示した場合のみの発売となります。

平成28年12月12日より利用当日までの発売となります。


九州新幹線対応版『元日九州初旅きっぷ』

平成29年元旦一日限り、九州新幹線を含む九州旅客鉄道線の全列車の自由席が乗り放題になる切符です。

価格は、

  • 大人 13,000円
  • 小人 2,000円

となります。

大人一人以上から発売、利用出来ます。

  • 小人のみでの利用は出来ません。
  • 小人用は大人用と同時購入か、購入済みの大人用券片を提示した場合のみの発売となります。

平成28年12月12日より利用当日までの発売となります。


雑感


かつては東日本も東海も出していたのに…

さて、かつては

  • 東日本でも『正月パス』
  • 東海でも『新春こだま&ワイドビューフリーきっぷ』

が発売されておりましたが、今ではいずれも発売されておりませんし、平成29年版の発売も告知がありません。

制作者もかつては十二月になる度に「来年は東日本と東海とどっちにしようか?」なんて贅沢な?悩みをしたりしたものでした。


もう東日本では出さないか

東日本では『ウィークリーエンドフリーきっぷ』なども発売されていた事から、特に鉄道に興味が無い方にも浸透しておりました。

一度『正月パス』発売時にはみどりの窓口にそう言うおばちゃんが発売を待っているのを見た事もあります。

北陸新幹線が上越妙高まで、東北新幹線が新青森までそれぞれ伸びた今なら、更に使いでが良くなるのでしょうが、もうやってくれないでしょうねえ。

  • 北海道新幹線まで対応したらもはや神レヴェルで「一年間は東日本旅客鉄道の悪口は言わない」なんてなったでしょうけどw

異彩を放った東海の新春フリーきっぷ

一方、東海ですが、もともと新幹線が絡む乗り放題切符は滅多に出しません。

だからこそ『こだま』限定とは言え『新春こだま&ワイドビューフリーきっぷ』は発売開始時には目を疑ったものです。

東海旅客鉄道の中で何があったのかとさえ思えるほどの異彩ぶりでした。

しかし、最近では『JR東海&16私鉄 乗り鉄☆たびきっぷ』なんて商品も出しておりますが、これさえも新幹線は特急料金別払い…はまだ分かりますが、料金別払いで回数制限付きなんてやらかしております。


指定席回数制限導入の原因は"アスペ乗り鉄"?

ところで、西日本の『元日・JR西日本乗り放題きっぷ2017』では指定席の回数制限を敷いております。

この指定席回数制限は元は東日本旅客鉄道が『土・日きっぷ』等で導入したものです。

回数制限導入の原因は利用予定のない列車を予約する者が横行したからだと言いますが、ネットではこのような噂も聞きました。

いずれもデマである事を願わざるを得ない、腹立たしい噂です。

  • 具体的な名前も聞きましたが、ここでは書かない事にしましょう。

噂 1:記念乗車証目当てで停車駅間毎に指定席を取った鉄ヲタグループ

リヴァイヴァル列車の記念乗車証を何枚もせしめるため、停車駅区間毎に指定席を取った鉄ヲタグループがいたそうです

車掌もすぐに気付いたのですが、そうしたらそいつらは車掌に絡んで無理矢理乗車証を奪ったと言います。

  • そのせいで乗車証がもらえなかった方もいたでしょうねえ…。

噂 2:ロングシート忌避だけのために東京-横浜間だけの『サンライズ瀬戸/出雲』を取った奴

たかだか首都圏内の乗車でロングシートは嫌だ我がままを言って

  • 東京-大宮間のみの東北新幹線指定席
  • 東京-横浜間のみの『サンライズ瀬戸/出雲』ノビノビ座席(普通車指定席扱い)

を予約した奴がいたそうです

ちなみにそいつは、日頃制作者がこのウェブログなどでディスっている某自称旅行会社社長の子分らしいです。


感想

前者も酷い話ですが、後者のそれも『サンライズ瀬戸/出雲』のノビノビ座席を夜行利用でないのに取ると言うのはもはや営業妨害の域でしょう。

それこそ、東海, 西日本, 四国からも苦情が来兼ねません。

こう言う話を聞くにつけて、トクトクきっぷを殺しているのは他ならぬ"アスペ鉄ヲタ"じゃねえのか?と思わざるを得ません。

  • トクトクきっぷに限らず、鉄道趣味全体を貶めているのは趣味のためなら何をやっても許されると本気で思っているこの手の"アスペ鉄ヲタ"でしょう(特に撮り鉄)。

余談:種村直樹さんの質問コーナで見た奴

ちなみに種村直樹さんが担当されていた某雑誌の投稿コーナで、今はなき『九州グリーン豪遊券』で夜行急行『かいもん』の一区間だけの B 寝台券を発行してもらおうとして拒否された奴が文句を言っていたのを見た事もあります。

勿論、種村さんは当然のように「お前が悪い」と言う回答をしておられました。

  • そのコーナでは原則として投稿者の本名を掲載する事となっておりましたが、あまりにもアレなのでイニシャル掲載となっておりました。種村さんのギリギリのお情けでしょう。
関連記事
スポンサーサイト