【ご報告】北陸新幹線敦賀以西のルートに関するアンケートの結果

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • アメーバで共有
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • Google+

平成28年 7月30日から10月31日まで、北陸新幹線の敦賀以西の経路についてアンケートを実施いたしました。

多くの方々のご投票、ありがとうございました。


結果

これまで候補となったルートについて、ご投票をお願いしました。

結果は以下のようになりました:

旧若狭ルート(小浜-亀岡-大阪市内駅)
8.1%(11票)
湖西ルート(近江今津-京都-新大阪)
22.2%(30票)
米原ルート(米原-京都-新大阪)
25.9%(35票)
新若狭ルート(小浜-京都-大阪市内駅)
38.5%(52票)
舞鶴ルート(東舞鶴-京都-大阪市内駅)
5.2%(7票)

感想

実は以前から北陸新幹線の敦賀以西の経路に関して旧若狭ルート(その頃は新若狭ルートはまだ浮上していなかった)を推すメールを何度か頂いておりました。

このため、新旧若狭ルートのどちらかが最も多くなるかなと予想しておりました。

結果を見ると、西日本旅客鉄道が提唱している新若狭ルート(小浜・京都経由)が最多得票となりました。

亀岡経由の旧ルートにも投票はありましたが、多くの方は新ルートを評価しておられるようです。

また、湖西ルートや米原ルートについても一定の支持が見られました。


舞鶴ルートについて

投票への影響を考えてこれまで発言を控えておりましたが、舞鶴ルートは流石にどうかと思っておりました。

先ず経路が西に進んでから東に戻ってまた西に進むと言うルートは、どう見ても遠廻りです。

このような合理的ではないルートを京都府が提唱したのは、恐らく山陰新幹線の既成事実化を狙ってのものでしょう。

東舞鶴-京都間を山陰新幹線の一部に見立て、東舞鶴から西への延伸の口実にしたいのではないかと思えてなりませんでした。

ですから、余り支持はないのではないかと思っておりました。

関連記事
スポンサーサイト