【ご報告】アンケート「北海道&東日本パスに加盟して欲しい鉄道会社等は?」の結果

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • アメーバで共有
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • Google+

ご投票くださった皆様には心から感謝申し上げます。

また、ご投票いただけなかった方も、ご覧下さりありがとうございました。


概要

『北海道&東日本パス』について、新たに加盟して欲しい鉄道会社等をお伺いしました。

選択肢としては、

  • 東日本管内の主に第三セクタで未加盟の会社
  • 東日本が資本参加している鉄道会社等
  • 青森以北の経路になり得る交通機関

を挙げておきました。

バスについては、

  • 旧信越本線・横川-軽井沢間を継承するジェイアールバス関東碓氷線
  • 『ミッドナイト』『はまなす』の代替となり得る札幌-函館間高速バス

を対象としました。

この他、やはり『はまなす』『海峡』などの代替となり得る青函フェリーも選択肢に加えております。


結果

道南いさりび鉄道
27.5%(25票)
青函フェリー(割引特典等でも)
14.3%(13票)
しなの鉄道
12.1%(11票)
三陸鉄道
8.8%( 8票)
ジェイアールバス関東碓氷線
6.6%( 6票)
えちごトキめき鉄道
鹿島臨海鉄道
5.5%( 5票)
東京臨海高速鉄道(りんかい線)
4.4%( 4票)
札幌-函館間高速バス(割引特典等でも)
秋田内陸縦貫鉄道
東京モノレール
3.3%( 3票)
由利高原鉄道
山形鉄道
仙台空港鉄道
阿武隈急行
埼玉新都市交通(ニューシャトル)
1.1%( 1票)
わたらせ渓谷鐵道
真岡鐵道
いすみ鉄道
0%( 0票)

感想


やはり道南いさりび鉄道の未加盟は不便

最も多かったのは道南いさりび鉄道でした。

道南いさりび鉄道が加盟すれば、青函間の移動で別途要する北海道新幹線の立席特急料金が最安で奥津軽いまべつ-木古内間の 1,300円で済み、非常に有用でしょう。

ちなみに、平成28年度の『三連休東日本・函館パス』では当初加盟予定でなかった道南いさりび鉄道が加盟しております。

新幹線に乗れるとは言え特急料金は別払いなのでこの加盟は意外に大きいかも知れません。


青函フェリーの加盟を望む声多し

第二位は青函フェリーでした。

青函フェリーは二千円以内で乗船出来ますが、割引特典でもいいから更に安く乗れると有り難いのでしょう。

何しろ『北海道&東日本パス』の場合、最安でも

  • 奥津軽いまべつ-木古内間の北海道新幹線立席料金 1,300円
  • 木古内-五稜郭間の道南いさりび鉄道運賃 960円

の合計 2,260円が別途必要になります。

それも最安の場合の話で、時刻次第では最悪新青森-新函館北斗間の立席料金 3,930円を要する事になってしまいます。

そうすると、青函フェリーも選択肢として有用となるのでしょう。


意外に得票数が少なかった札幌-函館間高速バス

個人的に意外だったのは、『ミッドナイト』『はまなす』が共に消えた結果、従来の旅程を維持するのに欠かせない札幌-函館間高速バスへの投票が少なかった事です。

  • 流石に五千円近くするバスを無料でと言う訳には行かないと思うので、選択肢には「割引特典でも」と付けておきました。

選択肢が多過ぎて投票者様のお目に留まらなかったのでしょうか、とさえ思いました。


信越ルートを求める声も

平成 9年の北陸新幹線長野暫定開業以来廃止された信越本線・横川-篠ノ井間等についても対応を求める票がありました。

ジェイアールバス碓氷線としなの鉄道が加盟すれば、信越ルートが復活するからでしょう。

また、しなの鉄道とえちごトキめき鉄道が加盟すれば、長野以北も北しなの線と妙高はねうまラインを乗り継いで行く事が可能になります。

関連記事
スポンサーサイト