平成28年『秋の乗り放題パス』はやはり北海道新幹線オプション券を併売

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • アメーバで共有
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • Google+

JR 旅客鉄道会社六社は、平成28年 9月 2日付のリリースで、平成28年度『秋の乗り放題パス』の発売を発表しました。

また、西日本旅客鉄道では独自に『鉄道の日記念・JR 西日本一日乗り放題きっぷ』の発売も発表しました。



平成28年度『秋の乗り放題パス』

平成28年『秋の乗り放題パス』の発売要項は以下の通りです:

発売期間
平成28年 9月17日~10月21日
有効期間
平成28年10月 8日~10月23日の内、連続する三日間
価格
大人 7,710円、小人 3,850円
使用方法
平成28年度青春18きっぷに準じる。但し購入時に指定した連続する三日間で使用。

『北海道新幹線オプション券』について

青春18きっぷ同様、北海道新幹線暫定開業に伴う

  • 海峡線営業停止
  • 旧江差線経営分離

の影響で『秋の乗り放題パス』での北海道⇔内地間の移動は不可能になります。

このための措置として、『秋の乗り放題パス』でも青春18きっぷ同様『北海道新幹線オプション券』を発売します。

発売期間
平成28年 9月17日~10月21日
有効期間
平成28年10月 8日~10月23日の内、任意の一日
価格
大人 2,300円、小人 1,150円
使用方法
『秋の乗り放題パス』と併用して
  • 北海道新幹線・奥津軽いまべつ-木古内間の立席利用
  • 道南いさりび鉄道・木古内-五稜郭間の通過利用
が各一回利用可。

感想

制作者は約一月前に今年の『秋の乗り放題パス』はどうなるか妄想していました。

廃止も予想しましたが、その後『ムーンライト信州』が連休前の木曜日にも運転される事が明らかになり、廃止はないと見ておりました。

やはり『秋の乗り放題パス』が"秋の青春18きっぷ"と呼ばれるだけあって、青春18きっぷに準じた扱いとなっております。

青春18きっぷと違い『秋の乗り放題パス』は小人運賃もあるため、『北海道新幹線オプション券』も子供運賃を設定しております。

大人価格は青春18きっぷの北海道新幹線オプション券と同一となっておりますが、そもそも『秋の乗り放題パス』は新幹線には無効なので当然と言えば当然でしょう。

尚、後述の通り西日本限定版『西日本一日乗り放題きっぷ』では北陸本線経営分離区間も一部を除いて利用可能ですが、全国版の『秋の乗り放題パス』では利用出来ません。

それにしても、『秋の乗り放題パス』を青春18きっぷに準じた扱いにするのなら、青春18きっぷ同様任意に三回利用出来る方式に戻して欲しいのですがねえ…。


平成28年度『鉄道の日記念・JR 西日本一日乗り放題きっぷ』

例年通り、西日本旅客鉄道では自社限定の『鉄道の日記念・JR 西日本一日乗り放題きっぷ』も併売します。

『秋の乗り放題パス』と違って平成27年の北陸新幹線金沢延伸で経営分離された旧北陸本線・糸魚川-金沢間も乗り放題の対象となります。

この設定は平成27年度に続くものです。

発売期間
平成28年 9月17日~10月23日
有効期間
平成28年10月 8日~10月23日の内、任意の一日
価格
大人 3,000円、小人 1,500円
有効区間・列車
  • 西日本旅客鉄道の博多南線を除く全在来線の普通列車普通車自由席
  • JR 西日本宮島フェリー
  • えちごトキめき鉄道日本海ひすいラインの糸魚川-市振間
  • あいの風とやま鉄道全線
  • IR いしかわ鉄道全線
  • えちごトキめき鉄道,
  • あいの風とやま鉄道
  • 及び IR いしかわ鉄道

の加盟は、本商品が他の旅客鉄道との調整を必要としない自社限定商品だから出来たものでしょう。

ちょっと割高な気もしますが、『秋の乗り放題パス』では乗れない旧北陸本線の経営分離区間が一部を除いて利用出来るのは有難いものです。

  • 昔はおまけとか付いていて割高感も吹飛んだものでしたが、マルス券に統一されてからはそう言うのもなくなりましたからねえ…。

東日本・北海道も『鉄道の日記念・秋の北海道 & 東日本パス』とか出せば良いのですがねえ…。

関連記事
スポンサーサイト