平成28年10月は『ムーンライト信州』を二日間運転

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • アメーバで共有
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • Google+

東日本旅客鉄道は、本日平成28年10月~11月の臨時列車運行計画を発表しました。

それに拠りますと、平成28年10月には『ムーンライト信州』を二日間運転する事となりました。


概要

ムーンライト信州』は従来通り下り 81号(新宿 23時54分発、白馬 翌朝 5時40分着)のみの運転で、新宿駅基準で平成28年10月 7日(木曜日)と 8日(金曜日)の二日間運転されます。

従前通り、全席普通車指定席となります。


『秋の乗り放題パス』発売フラグか?

さて、平成28年10月の『ムーンライト信州』は十月の三連休直前の木曜と金曜に設定される訳ですが、これはひょっとして『秋の乗り放題パス』発売を前提としたものでしょうか。

金曜の設定はともかく、木曜は少なくとも社会人が旅に出難く、本来なら利用はそれ程期待出来ない筈です。

ちなみに関東・甲信越地方には土日に有効な普通乗車券『週末パス』もあり、金曜日発でも指定席券と立川までの乗車券を別途購入すれば立川以遠は『週末パス』で乗車出来ます。

そう考えると木曜日の設定は『秋の乗り放題パス』対策以外には考え難いのですが…。


『ムーンライトながら』『スターライト上野』はやはり設定なし

尚、東日本管内で平成28年10月と11月に運転予定の夜行列車はこの『ムーンライト信州81号』のみとなっており、

  • 『ムーンライトながら』
  • 『スターライト上野』(旧『ムーンライトえちご』)

の設定はありません。

  • 他旅客会社についても四国管内での『サンライズ瀬戸』の琴平延長くらいしか無いようです。

東海との調整が必要な『ムーンライトながら』はともかく、『スターライト上野』はやはりもう運転したくはないのでしょうか…。

ムーンライト信州』も、北陸本線経営分離の影響で『秋の乗り放題パス』では余り使える列車とは言えないのですけどねえ…

関連記事
スポンサーサイト