【提案】北陸新幹線延伸後 521系を九州旅客鉄道に譲渡しよう

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • アメーバで共有
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • Google+

北陸新幹線が敦賀に延伸したら、余剰となる 521系を九州旅客鉄道に譲渡しようと言う案です。


新車が入らない九州山陽本線


数少ない直流区間

山陽本線は九州旅客鉄道としては福岡市営地下鉄空港線に乗入れる筑肥線とともに数少ない直流電化となっております。

でも、門司駅近辺に交直切替用のデッドセクションがあるため、完全な直流区間とはなっておりません。

従って、山陽本線には交直両用電車か気動車のいずれかを充当しなければなりません。


国鉄車を使い続ける区間

ですが、現在のところこの区間のためだけに新車を作るのは勿体無いと思われているのか、国鉄時代の 415系を延命工事を施して使い続けております。

とは言え、だましだまし使い続けるのには限界があり、いずれは新車が必要になるでしょう。

  • 既に他社では 415系は廃車が進んでおります。

勿論、かつて福北ゆたか線の『赤い快速』に充当されたキハ200系或いはその後継車を充当する事も考えられます。


利用者が少なくない区間

ただ、山口県最大の都市・下関市と九州屈指の大都市・北九州の間では交易が多く、下関は北九州商圏の一部と見なされる場合も少なくありません。

当然利用者も決して少なくなく、下関-小倉間には毎時三往復程度の列車が設定されております。

以上を考えると、九州の山陽本線は充分電車で営業するに値する頻度と考えられます。


交流区間を失う西日本

一方、以前にも書いた通り、北陸新幹線が敦賀まで延伸すると西日本旅客鉄道は JR 七尾線のためだけに 521系など交直両用電車を保持管理しなければならなくなります。

特に金沢以西で使われてきた 521系は、北陸新幹線を継承する第三セクタへの譲渡分を除き純直流区間への配置転換を強いられる事になる筈です。


一致する九州と西日本の利害関係

そこで、521系を九州に譲渡する案が浮上します。

  • 九州は 415系の後継車となる交直両用電車が欲しい
  • 一方西日本は北陸本線の経営分離で交直両用電車はもう要らない

利害関係は見事一致します。

521系は転換クロスシートも装備されており、817系等よりは劣るものの決して低水準ではありません。

  • ちなみに JR 七尾線は特急を含めて気動車で充分です。

問題点:車輌が足りるのか?

問題があるとすれば数の問題でしょうか。

521系は第三セクタにも譲渡する必要があり、その結果余った 521系を譲受けても 415系を置換えるのに不足する事態もあり得ます。

ただ、譲受ける実車が足りないなら、西日本からライセンスを受けて九州で 521系の不足分を作ればいいでしょう。

ライセンス生産なら、零から設計するよりは安上がりでしょうから。

  • 勿論、水戸岡さんが手を加えた結果高くなってしまうかも知れませんが。

以下は妄想です


下関を跨ぐ普通列車の復活

現在、車輌の都合などに依り、普通列車は下関で完全に分断されております。

かつては山陰本線の普通列車が門司方面に乗入れていたようですが、現在はそう言う事もありません。

521系の投入で、例えば新山口-小倉間の快速列車などの設定も考えられます。


ついでに68x系も譲渡しよう?

西日本の交直両用車と言えば、特急用の 681系/683系もあります。

これも北陸新幹線の敦賀延伸で完全に無駄になります。

交流電化機器を撤去して 289系にする事も考えられますが、これも一部九州に譲渡してしまうのはどうでしょうか。

下関-小倉間は普通列車でも所要時間が短く、この区間だけの特急列車は考え難いですが、博多から『きらめき』に充当する事は考えられます。

  • 門司方面と区別するために新しい愛称を附与する事も考えられます。

或いは『ホームライナー』として下関まで乗入れるのに使えるでしょう。

『ムーンライト九州』の復活は流石に難しいでしょうが、可能性は高まります。

関連記事
スポンサーサイト