コミックマーケットのサイドストーリー・臨時バスとバスマニア

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • アメーバで共有
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • Google+

平成28年度夏季コミケット一日目に参加してきました。

今回はコミケットに関してずっと書こうと思っていた事を書きます。

制作者はコミックマーケットへの会場入りにはいろいろな交通機関を利用しております。

安上がりな移動手段として、東京都交通局が運行する東京駅八重洲口-東京ビッグサイト間の臨時急行バスを利用する事もあります。

  • 平成28年度夏季コミケットの一日目では利用しませんでしたが。

ところで、帰りにこのバスに乗ると、出発時に会場を出る辺りで"撮りバス"を何人か見掛けるものです。

最も、バスマニアの人口が"鉄"程ではない事もあって、二、三人程度の場合が多いのですが。

彼らが何故そこにやってくるのかと言いますと、臨時急行バスには都営バスの各営業所からやって来る車輌が充当されるからです。

東京ビッグサイト便は深川営業所管内のようですが、深川にはそれ程多くの車輌がある訳ではありません。

況して年に六日間のためだけに急行便用のバスを用意すると言う訳にも行かないのでしょう。

また、バスだけでなく運行要員も足りなくなるでしょう。

斯くして、コミケット開催日には都営バスの都内各営業所から援軍を集める事となるのです。

関連記事
スポンサーサイト