北陸からのコミックマーケット

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • アメーバで共有
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • Google+

北陸からコミックマーケットを目指す場合のお話です。

北陸新幹線金沢延伸の影響で、移動方法も随分変わってしまいました。


まずは昔話を

平成27年に北陸新幹線が金沢に延伸する前は、北陸から青春18きっぷでの東京への旅行は割と容易でした。

  • 北陸本線と信越本線を乗継いで長岡で『ムーンライトえちご』
  • 北陸本線と東海道線を乗継いで大垣で『ムーンライトながら』や"臨時大垣夜行"

と言う経路があり、これが最適解となっていました。

平成15年まで運転されていた"臨時大垣夜行"は全車自由席だったので、『ムーンライトえちご』『ムーンライトながら』の予約が取れない場合には文字通りの救済措置となっておりました。

  • まぁ、これは何処からでも同じ事ですけどね。

いずれにしても、コミケット一般参加に欠かせない早朝上京は青春18きっぷで可能だったのです。


直行夜行列車は?

北陸の場合、かつては北陸と首都圏には夜行急行列車『能登』が走っておりました。

普通急行列車ですので当然青春18きっぷでは乗れません。

このため、しばしば『能登』を夜行快速化しろと言う妄言もとい主張がありました。

急行料金を取らなくてもそれ以上に旅客が増えれば増収になると言うのが某自称旅行会社社長などの妄言もとい主張でした。

このような事もあって、北陸には青春18きっぷで乗れる直行夜行列車は設定される事はありませんでした。


現在はどうか?

平成26年春季限りで『ムーンライトえちご』が廃止された結果、北陸からの夜行列車でのルートは『ムーンライトながら』一本に限られるようになりました。

翌年平成27年には北陸新幹線が金沢まで延伸した際に北陸本線の金沢以東が経営分離され、その結果青春18きっぷでの通し乗車は不可能になりました。

このため、現在では青春18きっぷでの移動では『ムーンライトながら』が取れなければ昼行列車を利用する以外の選択肢はありません。


富山県内から

富山からの場合は高山本線が通っているので、これを使えばあいの風とやま鉄道を利用せず行く事が出来ます。

富山を 8時位までに出れば、岐阜には17時までに着き、結果当日中に東京入りが可能です。

高岡, 城端, 氷見などからはあいの風とやま鉄道・高岡-富山間に青春18きっぷ等での通過特例があるので、これを利用します。

  • 滑川(なめりかわ), 黒部方面からの場合は富山まであいの風とやま鉄道か富山地方鉄道の運賃が別途必要です。

以下は全くの蛇足

あいの風とやま鉄道線内の主要駅には、今もみどりの窓口があって旅客鉄道の乗車券や指定券が購入出来ます。

一部の方はそれだったら筒石での青春18きっぷ"赤券"(常備券)販売も継続してくれたらと思う方もいるかも知れません。

  • 筒石駅は新潟県なのでえちごトキめき鉄道管内ですが。

石川, 福井両県から

金沢, 小松, 福井からは北陸本線を西に進む道一本のみです。

  • 仮に金沢以東が経営分離されていなくても、東海道線の豊富な列車本数には勝てません。

12時位までに金沢を出れば、(福井,) 敦賀(, 近江塩津), 米原乗継で当日中に東京入りが出来ます。

小浜など嶺南地方からの場合は小浜線で敦賀に向かえば良い事になります。

尚、七尾・羽咋方面からの場合、IR いしかわ鉄道の津幡-金沢間に青春18きっぷ等での通過特例があるため、これを利用すれば JR 七尾線から別払い無しで北陸本線に乗継げます。

  • 穴水方面からのと鉄道七尾線を利用する場合は、和倉温泉までの運賃は別途必要です。

18きっぷ以外の選択肢

青春18きっぷ以外の選択肢はどうでしょうか。


北陸新幹線

王道はやはり北陸新幹線でしょう。

でも金沢からだと自由席でも片道 13,600円掛かります。

まぁ、儲かっているサークル参加者ならと言いたいところですが、最も早く東京に着く『かがやき500号』でさえ、東京着は 8時32分です。

コミケットの場合東京駅から東京ビッグサイトまでの移動時間もあるので、かなりきつい旅程となるでしょう。

しかも『かがやき500号』は全席指定なので、万が一予約が取れなかった場合はその次の『はくたか552号』まで待つ事となりますが、こちらは東京着は 9時20分。

サークル入場〆切には間に合わない恐れもあります。


航空

北陸新幹線でレガシィキャリアが苦戦している事もあってか、成田国際から小松飛行場や富山空港への LCC 就航はありません。

始発便の日本航空 JL 182便でも東京国際着は 8時45分。

ですので、前日に東京入りして現地で一泊する必要があるでしょう。

運賃も一番安い『特割 1』『特便割引 1』だと 16,390円以上となり、かなり高くなります。

こうしてみると、航空って高い割に使えませんねえ…。


夜行バス

運行会社にも依りますが、平成28年 8月中旬の便は片道六千円から八千円くらいとなります。

東京到着も六時台から八時台となりますので、これなら十時半には会場入り出来るでしょう。

  • 今は入場方法が毎回改良されており、会場外での待ち時間も年々短くなっております。

便数が多い事から比較的予約も取り易く、『ムーンライトながら』が取れないけど壁サークルなど獲物があるのでなるべく早く会場入りしたい方には次善策としてベストでしょう。

  • 言うまでもありませんが、会場外での野宿は絶対にいけません

まとめ

北陸新幹線の金沢延伸で金沢以東の旧北陸本線が青春18きっぷで利用出来なくなった今でも、それなりに格安にコミケットに向かう事は可能のようです。

ただ、こうしてみると高価な交通手段は却って使い難い事が目につきます。

コミケットに向かう移動パターンはニッチな需要なのでしょうか。

  • まぁ、早朝に目的地へなんて夜逃げか駆落ちでもない限り普通は希望しませんよねえ。
関連記事
スポンサーサイト