平成28年度夏季の JR 臨時列車

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • アメーバで共有
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • Google+

旅客鉄道六社は、平成28年夏季の臨時列車運行要項を発表しました。

主な列車を見てみましょう。


東日本管内の夜行列車


今夏の『ムーンライトながら』は運転日数増減なし

平成28年度夏季の『ムーンライトながら』は、以下の日程で運転される予定です:

下り
平成28年 7月22日から 8月20日(東京駅発基準)
上り
平成28年 7月23日から 8月21日(大垣駅発基準)

平成27年夏季と較べると運転期間が二日ずれただけで、運転日数に増減はない模様です。

使用車輌は、例年通り東日本 185系十輌編成となります。

平成28年 5月現在、中央東線の特急に充当される予定の E353系はまだ量産先行車だけの状況ですが、今後の量産で 185系が淘汰される事も充分予想出来ます。

中央東線を追われる E257系は『踊り子』に充当される可能性が高く、その場合東海旅客鉄道も修善寺直通用に訓練を実施する筈です。

とは言え、『踊り子』の東海管内運転区間は非常に短く、『ムーンライトながら』の運行に足りる人数を養成するかは分かりません。


『ムーンライト信州』は合計二十日運転

ムーンライト信州』は例年通り下り列車のみの運転となります。

    • 七月は金曜土曜を中心に、
    • 八月は日曜日を中心に

平成28年 7月15日から 9月 9日まで合計二十日運転される予定です。

こちらも、189系六輌での運転となります。


その他

我ながら往生際が悪いですが、『ムーンライトえちご』は運転計画はありません。

新潟での AKB 総選挙に伴う『スターライト上野』設定を御覧の通り、夜行列車を運転出来るだけの車輌はある筈なのですが、片道交代でも運転する気がないのでしょうねえ…。

  • ちなみに、早速と言いますかネットダフ屋が指定券を買い占めているようですね…(怒

北海道の寂しい運転要項

『はまなす』亡き後の北海道ですが、やはりと言うか夜行列車の設定はありません。

急行であれば『北海道 & 東日本パス』も使えて良いのですが、特急列車すら設定はありません。

それ以前に、臨時列車の記事で在来線列車は

  • 『北斗』『はこだてライナー』の増発
  • 『フラノラベンダーエクスプレス』の運転
  • 『富良野・美瑛ノロッコ号』の運転
  • 『くしろ湿原ノロッコ号』の運転

の五種しか掲載がないと言うのは余りにも寂しいものです。

  • それでも、平成27年に較べて十九本の増発だそうです。

震災の影響を受けた九州は…

九州旅客鉄道は、震災の影響で九州新幹線の臨時列車設定の目途さえ立たない状況です。

主要幹線の特急列車の増発が発表されているだけで、その他の列車取分け九州名物の D&S 列車については全く要項が発表されておりません。

尚、熊本地区で運転されている『あそぼーい!』については、春の大型連休中に鹿児島本線・博多-門司港間で運転されておりました。

今後も平成28年5月21日から 6月30日まで不定期に同区間で運転を行う事となっております。

参考までに『あそぼーい!』の博多地区の運転予定は以下の通りです:

平成28年 5月
21, 22, 28, 29日
平成28年 6月
1~ 5日, 10~12日, 15~19日, 22~26, 29, 30日

豊肥本線が長期不通となっている事からの措置と思われます。

豊肥本線については復旧の目処が全く立っておらず、恐らく夏季も同様に鹿児島本線の博多-門司港間で運転されると思われます。

ただ、こう言う臨時列車は見たくありませんね…。

  • 震災に関係なく運転されるならこんな事は言いませんけど。
関連記事
スポンサーサイト