小浜には新幹線より若江線を

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • アメーバで共有
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • Google+

北陸新幹線の基本計画では、小浜を経由して小浜から大阪に南下する若狭ルートが提案されております。

しかし、この若狭ルートの実現は、ほぼ潰えたと思われます。


北陸新幹線は湖西ルートで

現在、北陸新幹線の経路として有力とされるのは、現行の北陸本線に並行する米原ルートとなっております。

この経路であれば、既存の東海道新幹線を活用出来るので、大幅な工費・工期の削減が期待出来ます。

しかし、既に東海旅客鉄道の財産となっている東海道新幹線を勝手に召し上げられるものでしょうか?

また、東海旅客鉄道が中央新幹線の整備に血道を上げているのは、東海道新幹線が既に開通後五十年経っており、遅かれ早かれ長期運休を伴う大規模な補修工事を要するからです。

折角東海道新幹線を召し上げて北陸新幹線を全通に漕ぎ着けたものの、設備の崩壊などと言う事態にならないとも限りません。

これらの事情があるからか、西日本旅客鉄道は米原ルートに対しては否定的な態度を取っております。

制作者も、北陸新幹線は湖西ルートを採った方が良いと思います。


湖西ルート+若江線+フリーゲージトレイン="簡易若狭ルート"

ところで、小浜周辺では、西日本ジェイアールバス若江線(小浜-近江今津間)の鉄道化を求める動きもあります。

そこで、小浜地区についてはフル規格新幹線の代わりに若江線を整備しましょう。

北陸新幹線経路案

直流電化にも対応したフリーゲージトレインが完成すれば、小浜線と若江線と湖西ルートに依り、以下の様な福井県横断新幹線『わかさ』(仮称)が実現します:

  • 福井以東から北陸新幹線で敦賀へ
  • 敦賀から分岐して小浜線に直通して小浜へ
  • 小浜から若江線に直通して近江今津へ
  • 近江今津から再度北陸新幹線に合流して京都・新大阪へ

如何ですか、見事に若江線は新幹線の代わりになっているでしょう?

まさに北陸新幹線"簡易若狭ルート"の完成です。

勿論、速達型『らいちょう』(仮称)や準速達型『びわこ』(仮称)は敦賀-近江今津間もフル規格新幹線を走行しますが、各駅型はフリーゲージトレインを用いて上記の経路を取る訳です。


若江線を北陸新幹線に組込むに当っての課題

課題としては、小浜線が低規格のため、かなり時間がかかる事でしょうか。

非電化時代に運行されていた急行『わかさ』は敦賀-小浜間で最速でも五十分掛かっておりました。

小浜線は直流電化済みですが、高速化のためではなく、気動車を駆逐するための電化とされているので、電化後も大した高速化はされていないと思われます。

また、若江線をどの程度の規格にするかも問題でしょう。

それでも、敦賀-近江今津間を通しで利用するなら全線新幹線を走行する列車を利用すれば良いだけの話ですので(その方が営業キロも短くなって運賃が安くなる)、敦賀方面と近江今津方面の双方から小浜まで到達出来る事を前面に出せればよいでしょう。


若江線を北陸新幹線に組込むもう一つのメリット

とは言え、この案にはもう一つメリットがあります。

若江線を整備しても、現状では恐らく西日本旅客鉄道は引取らないでしょう。

  • 地元では、第三セクタ運営になってもいいと言うくらいらしいですが。

でも、新幹線の経路に組込む事で、西日本旅客鉄道が逆に引取りたがるようになる可能性があります。


蛇足・敦賀以西の経営分離区間の予想

ところで、現在北陸新幹線の候補となっている三つの経路案ですが、それぞれ経営分離があるとしたらどの辺りになるでしょうか。

制作者なりに予想してみましょう:

若狭ルート
小浜線の小浜以東、下手すれば全線が対象となるでしょう。
湖西ルート
北陸本線・湖西線の敦賀-近江今津間が対象となると思います。
米原ルート
北陸本線の敦賀-長浜間が対象となると思います。
関連記事
スポンサーサイト