留萌本線について(平成28年 4月29日)

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • アメーバで共有
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • Google+

留萌本線・留萌-増毛間については、結局平成28年4月28日に国土交通大臣に廃止届が出されました。

法律上形式的に平成29年4月29日を廃止期日としておりますが、意見聴取の際に繰上げを求める事で、予定通り平成28年12月 5日に廃止するつもりとの事です。


廃止決定後の企画列車設定

平成26年に廃止された江差線・木古内-江差間の時のように、北海道旅客鉄道では企画を立てているようです。

平成28年 5月 7日と 8日の二日間に『増毛ノロッコ』号を二往復設定する事となりました。

一往復は旭川から運転となり、もう一往復を留萌-増毛間の折返し運転とします。

車輌は団体専用車一輌以外の三輌は全席自由席となります。

尚、留萌本線は『道北一日散歩きっぷ』のエリア内なので、当然これで乗車出来ます。

連休期間の最後の二日間ですので正直微妙ですが、こう言った企画列車を今後も廃止まで設定してくるでしょう。

夏辺り、キハ40系辺りで『準急るもい』『準急ましけ』なども運行されるかも知れません。

  • 『準急るもい』はキハ22形に依る"遜色準急列車"でしたが、もう北海道にはキハ22形はありませんから、キハ40系辺りでお茶を濁す事になるでしょう。

廃止前に不通になる心配は?

気になる事としては、ここ数年留萌本線では災害に因る不通が頻発している事です。

でも、いずれも冬季から春季に入るまでの間の気温上昇に伴う雪崩に因るものでした。

平成28年は、冬季から春季に入るまで一時運休で雪崩の被害を回避しております。

ですから、集中豪雨などの予期せぬ災害が起こらない限り、廃止前に災害で運休を強いられてそのまま列車を運転出来ず廃止と言う事にはならないと思われます。

  • 状況は違いますが岩泉線や西武安比奈線みたいにはならないでしょう。

悪しきクズ鉄がまたもや…(怒)

さて、非常に腹立たしい話ですが、留萌本線の廃止が報じられた際に駅備品の盗難が相次いだとの事です。

また、これまでの事を考えれば、不良撮り鉄に依る沿線住民への迷惑行為も今後ヒートアップする事は避けられないでしょう。

いつも思うのですが、このようなクズ鉄には罪の意識と言うものがないのでしょうねえ。

昔、一条ゆかりさんの漫画に精神科医が「罪の意識がなければ『こいつ嫌だな』と思っただけでそいつを殺せてしまう」(要約)と言うのがありました。

不良撮り鉄や盗り鉄がまさにこれです。

撮影の邪魔だと思ったら樹の枝を切る事はもちろん、前の人を殴って線路下に突き落とす事も厭わないのでしょう。

盗り鉄も、記念になる或いはカネになるなら、盗むのも厭わないのでしょう。

関連記事
スポンサーサイト