春季青春18きっぷ発売期間が終わっていますが(←遅い)

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • アメーバで共有
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • Google+

平成28年春季青春18きっぷの発売が 3月31日で終り、4月10日までは販売されている分の消化を行う期間となります。


『北海道新幹線オプション券』も買えなくなった件

さて、『青春18きっぷ北海道新幹線オプション券』春季分も青春18きっぷ本体と同時に販売を終了しております。

  • 実は今頃気付いたりします^^;

このため、事前にオプション券を買っていない場合、北海道新幹線・奥津軽いまべつ-木古内間と道南いさりび鉄道については正規運賃・料金(オプション券の約一・七倍)が必要になる事となります。


どれだけ影響があるか?

この問題がどの程度のものかは分かりません。

実際、青春18きっぷでの地方旅行は綿密な計画を要するので、内地から渡道するあるいはその逆を考えている方は事前に購入している筈です。

ただ、余った券片や時間を活用しようと思い立った時が販売終了後なら、プラス千六百円の支払い増を受容れるしか無いでしょう。


オプション券は本体有効期間一杯発売した方が良い

個人的には、北海道新幹線オプション券は一回使い切りなので、青春18きっぷの通用期間最終日まで買えるようにした方が良いと思います。

実際に販売終了後に買えなくて困ったと言う事例が多ければ、JR グループにもフィードバックされるでしょう。

もっとも、この問題が意外に大きかった場合、1月に同時に発表した夏季・冬季の発売期間を変更する可能性もあります。

関連記事
スポンサーサイト