『白鳥』亡き後の津軽線のダイヤを見て

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • アメーバで共有
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • Google+

以前、平成28年度津軽線ダイヤが不明なままで北海道新幹線開通後の青森-函館間青春18きっぷ乗継時刻表を公開しました。

その後、平成28年度津軽線ダイヤが公開されたので、当該記事の時刻を修正しました。

当該記事も一応修正しましたが、時刻表の PDF (フィーチャフォンの方は HTML 文書)は以下からもご覧になれます:


感想

一言で言って、津軽線のダイヤは殆ど変わっていないような気がします。

確かに、蟹田で乗継の要らない青森発着気動車列車は変更されているのですが、時刻は多少前後しただけと言う感じです。

以前公開したダイヤの場合、津軽二股(奥津軽いまべつ)で北海道新幹線との接続が巧く行っていなかったのですが、実際のダイヤも同様でした。

蟹田方面からの新幹線利用者を全く考慮していないかのようなダイヤとなっております。

  • やはり、奥津軽いまべつから新幹線に乗る奴はクルマを使えと言いたいのでしょうか。

それにしても、『白鳥』のスジが抜けるのだからもう少し弄れると思っていたのですが、『白鳥』の存在は殆ど邪魔ではなかったと言う事なのでしょうか。

まぁ、青春18きっぷは地元の足である普通列車の有効利用と言うのが趣旨なのは何度も言う事です。

ですから、18乞食に合わせてダイヤを決める理由は全く無い訳で、それを言われれば反論出来ませんけどね…。

関連記事
スポンサーサイト