奥津軽いまべつで津軽線とはどう接続する?

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • アメーバで共有
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • Google+
  • 青函間の乗継パターンについては、次の記事で平成27年 2月23日現在分かる範囲での完全版を公開しております。

以前木古内での北海道新幹線⇔道南いさりび鉄道線間の接続時刻を書きました。

一方、北海道新幹線奥津軽いまべつ駅津軽線津軽二股駅と連絡する予定です。

青春18きっぷ北海道新幹線オプション券を使って渡道してみようかなと言う方もいるかも知れません。

でも、結論から言えば、現状のダイヤのままでは余りにも使えないと言うのが実情です。

  • 平成28年 2月22日現在、津軽線の平成28年度ダイヤは公表されておりません。このため、参考程度にご覧ください。

新幹線は七往復、一方津軽線は五往復

北海道新幹線奥津軽いまべつ駅には七往復の列車が止まる予定です。

これらの列車は漏れなく木古内駅にも止まります。

一方、平成27年度ダイヤでは、津軽線の蟹田-三厩間は五往復しか設定がありません。

残念ながら、平成28年 2月22日現在津軽線の平成28年度ダイヤについてはまだ公表されていません。

ですが、東日本旅客鉄道盛岡支社の発表で特に言及がないところを見ると、平成28年度もそれ程変わらないと思われます。


現時点での情報に基づく下り時刻表

以下、津軽線が現状通りと仮定した場合の下りの接続を見てみましょう。

尚、津軽線は一部を除いて蟹田で乗継になります。

青森発 二股着 新幹線発
06:20  07:31  08:13
10:38  11:46  13:47
13:17  14:45  17:01
15:24  16:54  19:01
18:14  19:24  20:58
         最終便
  • 15時24分青森発16時54分津軽二股着の列車については、七分で新幹線ホームに着けるとは思えないので、次の列車としております。
  • 奥津軽いまべつ駅の始発列車( 6時48分発)には津軽線でのアクセスは出来ません。

御覧の通り、始発を除くと一時間以上は待たされる事となります。

もっとも、実際には『白鳥』も走らなくなるので、ある程度は調整されるとは思いますが、それでも、大して変わらないと思われます。

今回は津軽線のダイヤが不明なので、上りについては割愛いたします。

まぁ上りも似たようなものでしょう。

  • この手の表を FC2 ブログに書こうとすると、フィーチャフォンでの閲覧上の問題が生じるため、色々工夫が必要になります。

感想

何と言うか、新幹線と乗継ぐと言うのに、ローカル線同士の乗継のような時刻になっております。

こんな有様で『北海道新幹線オプション券』は本当に使えるのでしょうか。

或いはこの不便さ故に、北海道&東日本パスの利便性が脚光を浴びるのでしょうか。

ただ、北海道&東日本パスで北海道新幹線に乗れると言っても、特急料金が結構掛かるので、どれ程助けになるかでしょう。

関連記事
スポンサーサイト