山形新幹線を部分フル規格化したら

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • アメーバで共有
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • Google+

山形新幹線は日本初の新在直通特急(ミニ新幹線)として、フル規格程ではないものの沿線に相当な恩恵をもたらしました。


盛況な山形新幹線

もともと、東北地方はクルマ社会とは言え、特急や急行を要する程の長距離移動では鉄道を志向する傾向があります。

そのような地域性もあって、後に開業する秋田新幹線ともども構想時の予想を超えた盛況振りとなっているとの事です。


山形新幹線の問題点

しかし、盛況故に新たな問題が浮上しました。

繁忙期を中心に輸送力不足が深刻になってきたのです。

否、繁忙期どころか通常期でさえ週末には輸送力不足が明らかになってきております。


ボトルネックとなる(北)福島駅

この原因は主に(北)福島駅にあります。

山形新幹線も関根以南は複線となっておりますが、(北)福島駅部分だけが単線となっている格好となっており、これがボトルネックとなっているのです。

具体的には、東北新幹線から分岐する(北)福島の山形新幹線発着所は東北新幹線下りレーンの側線のみとなっております。

このため、上り列車も下りレーンに入らなければならなくなります。

  • 新幹線は、非常時には上り列車が下りレーンを走行出来るよう、主要駅前後に渡り線が設けられておりますが、この非常用の渡り線を常用している訳です。

これに依り、(北)福島を跨ぐ東北新幹線のダイヤ編成にも支障を来す事となり、結果として山形新幹線もそれ程増発が出来ない状況となっております。


浮上している部分フル規格化構想

山形新幹線の部分フル規格化構想はかなり前から浮上しております。

狭軌在来線時代から難所の一つとされた板谷峠の下にフル規格のトンネルを通して速達化を図ると言う案はかなり前から提案されております。

ここ数年では、山形県でも山形新幹線のフル規格化が提案されております。

現実問題として、山形新幹線を完全にフル規格化するとしたら、奥羽新幹線を整備新幹線に加えるしかありません。

  • 結果、副次的に秋田新幹線の大曲以北もフル規格化の対象となります。

このため、実現するとしたら部分フル規格化を"非公式"に実現するのが現実的でしょう。


実際に山形新幹線が部分フル規格化されたら

さて、前置きはこれくらいにして、実際に山形新幹線が部分フル規格化したらどうなるかを予想します。


取敢えず米沢以南をフル規格化する

現状、改良が求められているのは、板谷峠より寧ろ(北)福島駅周りでしょう。

すなわち、(北)福島駅の上り側線も山形新幹線が乗り入れられるようにするのです。

ただボトルネックが解消されるからと言って、恩恵は限られるでしょうから、それらとセットで板谷峠を含めた区間をフル規格化するのです。

すなわち、部分フル規格化の候補は、(北)福島-米沢間となるでしょう。


並行在来線は全線廃止まである

個人的に気になるのは並行在来線となる山形線(奥羽本線)です。

フル規格化はコストが掛かるため、その代償として経営分離などが行われております。

しかし、この区間は需要が極めて希少で、しかも貨物列車も走っていないため、レールを剥がされる可能性は極めて高いと思われます。

個人的な予想では、(北)福島-米沢間は一部でもフル規格化されれば全線廃止まであると見ております。


庭坂以北の廃止は免れない?

板谷峠の前後区間は人口が極めて希薄で、現在普通列車は六往復しか運転されておりません。

加えて、途中の赤岩駅は平成28年 2月現在冬季休業駅ですが、フル規格化以前に廃止もあり得る状況です。

従って、最低でも庭坂-米沢間の廃止は覚悟する必要があります。

とは言え、庭坂-板谷間は並行道路が事実上皆無で、安易に廃止は出来ない状況となっております。

それこそ、庭坂-板谷間が板谷峠フル規格化の障害とさえ言えるでしょう。


庭坂以南も危ない?

庭坂以南も通学需要があるとは言え、それだけのために東北本線と互換性がない標準軌電車をコストを掛けて残す事は考えられません。

このため、(北)福島-庭坂間は良くて単線気動車化、さもなければやはりバス転換も充分にあります。

  • フル規格化に並行して狭軌に再改軌する事は考えられないでしょう。
関連記事
スポンサーサイト