平成28年春の臨時列車発表

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • アメーバで共有
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • Google+

平成28年 1月22日、JR 旅客鉄道各社は春季の臨時列車運行計画を発表しました。

対象期間は平成28年 3月 1日から同年 6月30日までとなっております。

その中から幾つかをお伝えします。


やはり運転されない『はまなす』代替列車

平成28年 3月26日の北海道新幹線開業を前に、夜行急行列車『はまなす』が廃止となります。

同列車は

  • 旅客鉄道最後の定期普通急行列車
  • 旅客鉄道最後の客車列車
  • 旅客鉄道最後の開放式寝台列車

となっておりました。

また、普通列車乗車券『北海道&東日本パス』では、急行料金を別払いする事で乗車可能な列車として、かつて函館本線で運行されていた夜行快速列車『ミッドナイト』の代替列車として位置付けていた方もいたようです。

平成28年度も『北海道&東日本パス』は発売される事が決定しておりますが、当該期間を含めて北海道新幹線開通後には代替となる夜行列車の設定はありません

現在、当出張所では『北海道&東日本パス』に関するアンケートを行っております。

今のところ『はまなす』廃止に関する票はそれ程入っておりませんが、ひょっとしたら『はまなす』代替列車への期待があったのかも知れません。

  • そうでないのなら、

    • 青函エリアでの宿泊を検討
    • フェリー夜行便や夜行バスなどの代替交通機関を検討
    • 中距離など青函越えを想定しない利用を検討

    等が理由になるでしょう。

  • 或いはアンケートの投票が変わるかも…?

ところで、『はまなす』が廃止され、代替列車もなくなると言う事は、『はまなす』に使われていた客車もやはり室蘭で解体されてしまうのでしょうか?


北海道新幹線も早速臨時列車を運行

で、北海道新幹線ですが、、四月から五月の連休期間を中心に三往復の臨時便を設定する予定です。

基本的に

  • 下りは朝二本と夕方一本、
  • 上りは朝一本と午後二本

に臨時便が運転されます。

正直、いずれも定期便にしても良さそうなダイヤですが、北海道新幹線の需要が爆発的に伸びないと踏んで臨時扱いにしていたのでしょうか。

尚、いずれの臨時便も、大宮-仙台間はノンストップとなります。


『ムーンライトながら』は三月に九日間のみの運転

青春18きっぷのお供とされる大垣夜行『ムーンライトながら』は、平成28年春季は

  • 下りは 3月18日から26日まで
  • 上りは19日から27日まで

の九日間のみの運転となります。

かつては、四月から五月までの連休期間中にも"臨時大垣夜行"が運転されていたものですが、すっかり数が減ってしまいました。

この他の臨時夜行快速列車は『ムーンライト信州』が三月に金曜日を中心に四日とその他を合わせて計八日運転されるのみとなっております。

青春18きっぷ非対応の夜行列車を入れても、『サンライズ出雲』の臨時便が五月に二日あるのみのようです。

関連記事
スポンサーサイト