11月14日は埼玉県民の日(平成27年版)

  • トゥィッターで言及(トゥィート)
  • アメーバで共有
  • はてなブックマークに登録
  • フェイスブックで共有
  • タンブラーで共有
  • Google+

明治 4年(西暦1871年)11月14日(旧暦)の廃藩置県で、埼玉県が生まれたのを記念した日です。

平成27年の埼玉県民の日は土曜日となります。



埼玉県民の日の乗り放題きっぷ

さて、埼玉県民の日には、埼玉県立・埼玉県内市町村立学校が一斉に休日となります。

  • 埼玉県内でも国立・私立学校では適用されない学校もあります。

ですが、平成27年の埼玉県民の日は土曜日のため、年令・所属に関係なく休日となります。

例年、埼玉県内の鉄道会社(東日本旅客鉄道を除く)では、埼玉県民の日限定の乗り放題きっぷを発売しております。

平成27年も以下の各社が企画切符を発売します:

東武鉄道
  • 470円(小人 240円)
  • 埼玉県内全線に有効。
  • 本社・東上本社共通。
西武鉄道
  • 470円(小人 240円)
  • 埼玉県内全線に有効。
秩父鉄道
  • 1,000円(小人 500円)
  • 全社線に有効。
    • 全線が埼玉県内に所在。
  • 急行『秩父路』・SL では別途料金券が必要
埼玉新都市交通(ニューシャトル)
  • 420円(小人 210円)
  • 全社線に有効。
    • 全線が埼玉県内に所在。
埼玉高速鉄道(地下鉄七号線)
  • 680円(小人 340円)
  • 全社線に有効。
    • 赤羽岩淵駅のみ東京都内。
首都圏新都市鉄道(つくばエクスプレス)
  • 2,380円(小人 680円)
  • 全社線に有効。
    • 八潮駅-三郷中央駅間前後を除き埼玉県外。

、東日本旅客鉄道は同様の企画商品を出さない模様です。

秩父鉄道, 埼玉高速鉄道, つくばエクスプレスでは前売りせず、当日販売のみとなります。

また、原則として埼玉県内でのみ発売されます。

また、秩父鉄道では休日限定で『秩父路遊々フリーきっぷ』(大人 1,440円・小人 720円)も発売しておりますが、埼玉県民の日てはそれよりお得な切符となります。

但し、『秩父路遊々フリーきっぷ』には沿線の店舗などで特典がありますが、『埼玉県民の日フリーきっぷ』には特典はない模様です。

勿論、秩父鉄道では蒸気機関車牽引の客車列車も運転されます

  • ただ、単に土曜日だから運転すると言うだけのようで、特に県民の日の記念列車の運行はない模様です。

思った事

例年の事ではありますが、

  • 埼玉県内に八潮駅と三郷中央駅の二つしかないつくばエクスプレスまでも埼玉県民の日に参加していると言うのに、東日本旅客鉄道は参加しないのですかそうですか…

と言うのが先ず思い浮かびました。

もっとも、平成27年の埼玉県民の日は土曜日なので、埼玉県内全線(八高線の寄居以北を除く)を含む『休日おでかけパス』を使えばいいだけの話と言えばそれまでですが。

つくばエクスプレスは、埼玉県民の日記念と言いながら、実際には埼玉県外に向けた全線乗り放題切符となります。

実際、夏休み期間に発売された『TX! 1日乗り放題きっぷ』と全く同じ商品となっております。

お得かどうかは正直微妙ですが、列車の本数は多いので、県民の日に便乗して筑波を周遊するのも一興かも知れません。

  • 秋葉原への往復では得にはなりません!

参考:かつて存在した『さいたまフリー乗車券』

かつては東日本旅客鉄道も『さいたまフリー乗車券』を発売しておりました。

埼玉県内の東日本線全線が一日乗り放題になる切符でした。

別途、特急券を購入すれば、特別急行列車や上越新幹線・大宮-熊谷間(当時は本庄早稲田駅は未開業)も乗車出来ました。

当初は、大人用と小人用があり、制作者も大学院生時代に利用した事があります。

その後、中高生限定になり、それも結局やめてしまいました。

  • 代わりに「Suica 使え」だと。( ゚д゚)、ペッ

平成27年の埼玉県民の日は土曜日なので、大人でも利用出来そうなのですけどねえ…。

関連記事
スポンサーサイト